ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2014年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧
いまだに蔓延る悪徳美容外科
いまだにこのざまか。
昨日から報道されている悪徳美容外科医の御乱行を目の当たりにして,唖然としている。
情け無い!
これが50年以上この世界に身を置いた者の偽らざる気持ちである。
医者がプライドを捨てると怖いものは無い。彼等にとって,医師免許はころしのライセンスだから。
だがこれは氷山の一角。悪徳美容外科クリニックの一つにすぎない。

どうしてこんな事が許されるのか?
先ず,法律上は医師は何科を名乗ってもよい。メスを一度も握った事の無い男が,子供が大学に行くので,学資稼ぎにその日から美容外科の看板を掲げる事もある。
そして美容外科の患者の間には口コミが無い。患者は皆隠れて手術を受けるから。
だから彼等はテレビの誇大宣伝で患者を吊る。
患者もテレビの露出度が多い程良い医師と思い込む。
そしてネット上は,比較できるのは値段だけだ。
安かろう,悪かろうの世界かもしれぬ。
しかも、シミで訪れても,それだけにとどまらずシワ伸ばしだの強引に薦められ,しかも莫大なローンをその場で組まされる。そして顔を,身体をめちゃくちゃにされる・・・
高かろう、悪かろうになってしまう。
b0084241_22222116.jpg

今は潰れたが、某院長は年収200億だが、其の140億円つまり7割を広告に使うと豪語していた。
これに対して,厚労省管轄の「日本美容医療協会」が存在するが,其の広報費は年間僅か20万円だった。(20年前、僕が理事長当時)「蟷螂の斧」である。
美容医療は今後ますます大切な分野である。
ですから美容医療をお考えの皆さん。
悪徳美容医療チェーンに引っかからぬよう,お悩みがあれば「美容医療協会」(03−3239–9710)に御相談ください。○適マークのクリニック(適正なクリニック)をご紹介します。また電話相談も行っています。
そして僕が個人的に患者さんをお願いするクリニックの一部をご紹介すると、

日本医大病院:形成外科・美容外科(後遺症外来があります)
福岡大学病院:形成外科・美容外科
聖路加病院:形成外科
湘南鎌倉病院:形成外科・美容外科
自由が丘クリニック:自由が丘
クリニック宇津木流:帝国ホテル
クリニック・サフォ:六本木
M&Mクリニック:神保町
市田クリニック:岐阜

まだ,まだありますがこれはあくまで僕が個人的にお薦めしているクリニックの一部です。
[PR]
by n_shioya | 2014-10-31 22:22 | 美容外科 | Comments(1)
あなたの足は大丈夫?
最近は女性の活躍が目覚ましい。
安倍総理が人気取りで担ぎだした女性閣僚達が相次いで無様な最期を遂げているのは,本当に実力のある働く女性にとって甚だ不本意であろう。
僕の周りにも幾らも能力とヤル気のある女性は溢れる程だ。
b0084241_22505690.jpg

今日はその代表格のお一人、順天堂大学の田中里佳先生に、アンチエイジング医師団の事務局の者と一緒に、アメリカンクラブでとっくりと再生医療のお話を伺った。
食生活の欧米化の影響もあり,我が国では糖尿病が急増している。その結果,下肢の血流が滞って潰瘍を生じ,切断に至る事も少なくない。
此の問題に対応すべく「下肢救済・足病学会」も誕生した。
田中先生のお仕事は、再生医療によりその血流を改善し,これまで切断を余儀なくされた「足」を救おうという試みである。
血管の再生医療はすでに色々な方法があるが,田中メソッドの優れたところは、外来の採血で血管になる細胞が作られる事で,患者の負担は軽減されしかも効果が優れている事である。

という訳で皆さん、足の血の巡りが悪く切り落としましょうなど言われたら,諦めずに先ず、田中先生か、下肢救済学会のメンバーにご相談ください。
[PR]
by n_shioya | 2014-10-30 22:50 | 再生医療 | Comments(0)
食と体育
11月14日は何の日?
アンチエイジングの日です。語呂合わせでイイトシという訳。
その前日,13日にはわがアンチエイジングネットワークの恒例の市民講座が、爺通信ホール(では無かった時事通信ホール,誤変換の方がセンスがある事が屢々ですな)で開催される。
今日はその最終打ち合わせ。
b0084241_19233269.jpg

食と体育をテーマに、
演者はエリカ・アンギャルと中村格子先生の二大巨塔。
司会は例年通り、テレ朝の人気アナウンサー大下容子女史。
しかも会費はたったの3000円。
ジャパネットタカダではないが、聞き漏らしたら大損ですぞぉー!
[PR]
by n_shioya | 2014-10-29 19:23 | アンチエイジング | Comments(0)
家庭で手軽に肌診断
b0084241_20492145.jpg
今度「マクセルSC」が近畿大学の山田教授と共同開発し,去年発売したスマホ用の超小型カメラとアプリはそれを可能にするようだ。
解像力はクリニックで使用するダーマスコープにも匹敵する。
その画像はクラウドに送られ、解析される。そして肌の状態は六角形の表示で示され、レコメンデーションと一緒に本人のスマホに送付される。
これで日常生活の中で肌の状態と其の変化を手軽に追跡する事が可能になる。
b0084241_20493720.jpg

例えば、
寝不足は肌に悪いとか、便秘で肌が荒れるとかよく言われるが、いちいちクリニックに通わなくても、検証が可能になる。
そう、喫煙の問題の解決にも繋がるのではなかろうか。禁煙の効果をリアルタイムに画像で示されれば、励みになろうと言うもの。

だが、滅多に顔も洗わない無精者の僕が、“ええ、ちゃんと洗ったとも”と配偶者を騙そうとしても,”ほら、垢だらけじゃない!“と配偶者にとっちめられる日も遠くないという訳だ。くわばら、くわばら。
[PR]
by n_shioya | 2014-10-28 20:49 | スキンケア | Comments(0)
禿の根本的対処法
此の話は前にもしたかもしれない。そして此の絵もアップしたかもしれない。それも思い出せないのは寄る年波と言う事かもしれない。だが、検索機能を上手く使えないのでとりあえず、書く事にする。
というのは、今日学習院の秋の講座で、「髪の毛の悩みに答える」というテーマでお話しをしたからである。
b0084241_21265219.png

禿の悩みは深い、シーザーの月桂冠も実は禿を隠す為のものだったと言うイントロに続き、お示ししたスライドは
「禿の根本的対処法」であった。
①剥げてない親を持つ事
②早めに去勢する事
お分かりのようにどちらも実践不可能な事で、10年前このスライドを作った時は“禿の治療は無い”と言う当時の現実のパロディであった。
だがその後10年間の毛髪の研究は目覚ましく、先ず
①については禿に関わる遺伝子の解明が進んでいる。残念ながらまだすぐに治療に結びつくまでにはなってないが。
②についてはご承知のように、男性ホルモンの作用をある程度制御する事で、発毛効果を得るところまで来た。「フィナステリド」という薬剤の普及である。
勿論、すぐフサフサになる訳ではないが、若はげに悩む方にとってはとてつもない「福音」といえる。
幸い今日の受講生には、「禿」という禁句を使っても差し障りのあるかたはおられなかったので、存分に「禿談義」を展開する事が出来た。
[PR]
by n_shioya | 2014-10-27 21:25 | ヘアケア | Comments(0)
乳房再建の今昔
乳がんの手術と、乳房再建は今やセットのように受け止められている。
それを専門とする学会も,去年乳腺外科医と形成外科医が参集して誕生した。
感無量である。

30年程前、乳房再建が可能になったとき、外科医医の反応は冷ややかだった“。癌の治療は根治と癌のコントロールが最優先である。お前ら形成外科医が余計な口出しをするな”。
又、再建を希望する患者に対しては、“折角癌を治してやったのに、何故形にこだわるのか、俺たちに失礼ではないか”と怒鳴りつける外科医もいた。
それが今や、アンジェリーナ・ジョリーのように、遺伝子診断に基づいて予防的な乳房切除を受ける者を現れたが、これも再建手術が前提となっている。
b0084241_22193965.jpg

そして昨日のワコール研究所乳房文化研究会では「乳がんは予防できる?」のテーマで、田代会長の司会のもと、その遺伝子診断の最新情報が存分に議論された。
[PR]
by n_shioya | 2014-10-26 22:19 | 美容外科 | Comments(0)
ワコールの目指すもの
b0084241_2327869.jpg

ランジェリーはオシャレであり,機能であり、文化であるというのがワコールの主張である。
今日はそのワコールの研究所で開催された「乳房研究会」に参加した。
乳房をあらゆるアングルから検討する場で、もう20年以上続いている。
乳房再建は形成外科医にとっても重要課題なので、此の機会にこれからのコラボレーションの可能性について研究所の方々と話し合うことが出来たのは嬉しかった。
b0084241_2327376.jpg

[PR]
by n_shioya | 2014-10-25 23:28 | コーヒーブレーク | Comments(0)
二〇世紀の歴史
今、「二十世紀の歴史」という新書を読みふけっている。
今更と思って買うのを躊躇したが、讀み始めると目から鱗の連続である。
著者の木畑洋一は20世紀は「帝国主義の世紀」と断ずる。
なるほど。
19世紀末に始まった弱肉強食のグローバリゼーションの世界では、帝国として他国を植民地として飲み込むか、植民地として飲み込まれるかの2者択一で、その中間は許されなかった。
そして我が国は明治維新の延長線上に前者を選び、隣国を植民地化して、欧米と張り合った。
これが韓国が求める「歴史認識」であろう。
b0084241_2225164.jpg

だが、これを21世紀の尺度で計る事は必ずしも適当ではない。当時はこれがサバイバルゲームのルールだったからだ。
ただ問題は、我が国が植民地戦争で出遅れていた事と、併合、植民地化の相手が同一人種であった事と言える。
そして此の帝国主義の暴力は今も続いている。
アメリカという帝国主義国家。これはグローバリゼーションという名の下に、「経済的な帝国主義」も展開している。
又、ロシヤの「帝国主義」への回帰。
ヨーロッパの帝国主義の後遺症に苦しむアフリカ大陸の諸国。

考えてみると「帝国主義」は国家間の力関係に限らない。
未だに男性優位の日本の社会は立派に「男の帝国主義」と言えるのではないか。家庭、企業、政治家、なかんずく東京都議会や自民党議員においては。
[PR]
by n_shioya | 2014-10-24 22:02 | Comments(0)
頤にも認知症?
「こりゃ、チョッとヤバいな」奥歯の治療を始めた歯医者さんが呟く。
「?」
「下顎が勝手に動いて、舌もぴくぴくするんですよ。」
こう言う事のようだ。
本人は自覚が無いが、頤や舌が勝手に動く為に、危なくて虫歯の治療が出来ないと言う。これも高齢者に特有の現象で、
「筋肉の失調症、ま、いわば頤と舌の認知症みたいなものですな」
「では、なるべく動かさないよう頑張りますから,」と言ってその日の治療は無事終了した。
b0084241_21235559.jpg

年をとれば全ての機能が衰えるとは折りに触れ知らされる事だが、こういう形の機能障害も起こりうると言う事は意識していなくて、ちょっとショックだった。
そこで思い出したのは親父の百歳の時の言である。
百歳で4度目のエイジシュートを、と頑張っていた親父だが、なかなかママならない。
「お前な、ドライバーの飛距離の衰えは正確さでおぎなえる。問題はパットだ。肝心な時に、パッターを持つ手がピクッとと動いて,ピン傍ギリギリの玉を外してしまう。癪だが俺も年だと言う事かなぁ」
でもねぇ、親父。百歳まで年を意識しないできたのは凄いですよ。
b0084241_21242094.jpg

[PR]
by n_shioya | 2014-10-23 21:24 | 老年病 | Comments(0)
頤にも認知症?
「こりゃ、チョッとヤバいな」奥歯の治療を始めた歯医者さんが呟く。
「?」
「下顎が勝手に動いて、舌もぴくぴくするんですよ。」
こう言う事のようだ。
本人は自覚が無いが、頤や舌が勝手に動く為に、危なくて虫歯の治療が出来ないと言う。これも高齢者に特有の現象で、
「筋肉の失調症、ま、いわば頤と舌の認知症みたいなものですな」
「では、なるべく動かさないよう頑張りますから,」と言ってその日の治療は無事終了した。
b0084241_21235559.jpg

年をとれば全ての機能が衰えるとは折りに触れ知らされる事だが、こういう形の機能障害も起こりうると言う事は意識していなくて、ちょっとショックだった。
そこで思い出したのは親父の百歳の時の言である。
百歳で4度目のエイジシュートを、と頑張っていた親父だが、なかなかママならない。
「お前な、ドライバーの飛距離の衰えは正確さでおぎなえる。問題はパットだ。肝心な時に、パッターを持つ手がピクッとと動いて,ピン傍ギリギリの玉を外してしまう。癪だが俺も年だと言う事かなぁ」
でもねぇ、親父。百歳まで年を意識しないできたのは凄いですよ。
b0084241_21242094.jpg

[PR]
by n_shioya | 2014-10-23 21:24 | 老年病 | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム