ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2016年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
出過ぎた釘は打たれない?
b0084241_19194196.jpg

“出る釘は打たれる”と言うのは和を尊ぶわが国の美風であり、“出すぎた釘は打たれない”と豪語した介護業界の風雲児が、あまりにも出すぎたのか、袋叩きにあって一挙に転落したのはまだ記憶に新しい。
だが、アメリカは実力社会で、出る釘でなければ成功を掴みにくい。
どんなにエクセントリックであっても、実力さえあれば世間は許し、認めてくれる。
しかもそのような変わり者は、ことに外科の教授の中には人材が豊富である。
僕がレジデントの頃は、オハイオ大学のゾリンジャー教授が群を抜いていた。
ゾリンジャー・エリソン症候群と言うのを言い出して、一躍有名になった。
彼の変人ぶりのエピソードは数々あるが、其の一つ二つ。
あるとき誰かが彼の駐車スペースに車を停めて置いた。怒り心頭に発した彼は、自分の車を突っ込んで、2台めちゃくちゃにしてしまった。
またあるときは、手術中、助手がもたついていると手を降ろさせ、罰として手術が終わるまで、水を一杯にしたバケツを捧げ持たせたと言う。
ところが、僕は外科の専門医の口頭試問の時、試験官として其のゾリンジャーに当たってしまった。
僕はその日の最後の受験生だった。入室のとき足も顎もがガクカクしていたことは言うまでもない。
ゾリンジャーに一礼をすると、彼は突然ソファーに寝っころがって、“俺はもう疲れた。お前、何か俺に聞いてくれ。”という。
では“ゾリンジャー・エリソン症候群の現状は?”と恐る恐る伺いを立てると、
“アッター ケオス(シッチャカメッチャカだ)。あんなもの、提唱しなければ良かった”。
そんなやり取りが続き、やおら、“日本で桜は何時咲く?”と向こうから聞いてきた。
“四月です”。
“違う、五月だ。お前はアメリカが長すぎて、日本のことを忘れておる”。
“へえ、すみません。おっしゃるとおりです。”と不本意だが降参してやった。
試験官によってはわざと受験生を挑発して、受験生が感情的に食ってかかるのを待ちうけて、落第させるのがいると聞いていたからである。
と言うわけで僕のアメリカの外科の専門医の資格は、このようにいい加減に取得したものであまり自慢はできない。
そのほか外科医に限らずアメリカ人には、いわゆるキャラクターがウジャマンといるのでおいおいご紹介したい。
最近は日本でもまだ少数派だが豊かな個性も受け入れられるようになってきた。喜ばしい傾向と僕は思う。
行き過ぎたマネーゲームで転落した男が、最近またしぶとくのし上がってきたのもその表れと言える。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-31 19:19 | コーヒーブレーク | Comments(0)
血圧計の怪
b0084241_21382012.jpg

この数値をよく見て欲しい。
157,114,136。
ある日の僕の最高血圧で、9時1分、9時2分、そして9時3分と同じ条件で続けて計ったものである。
同じ場所で、同じ自動測定器を上腕に巻いて、ジット座ったままで。
其のときの最低血圧は、76,74,74とあまり変化はない。
一体これは何ですかね。
血圧は変動しがちだから、何回か計るようにといわれても、これじゃどうしようもないじゃないですか。
計るたびに徐々に下がるか上がるか、一定方向の変化ならまだわかるが。
しかも最低血圧は一定である。
条件はまったく同じで、間隔は空いてない。
これは某病院の外来に設置されているものを、面白半分に試してみた結果である。
要するに血圧計なんていい加減なものだとしか言いようがない。
専門家の先生、なんと答えられます?
確かに血圧は日内変動や、其の直前の運動とか、精神状態で変わることは知っている。
まあ、僕にいわせれば、検査なんてそんなもんでさ。
あまり数値の虜になって一喜一憂することはない。
あくまで定義の問題で、一つの目安と考え、適度な運動をし、バランスの取れた食事を取って、自分で調子がよければそれでよし。あまり検査値に振り回されないようにと、このあまりにもいい加減な血圧データを前にして、僕は言いたい。
勿論何に限らず正常値の倍以上もあったら話は違いますぞ、念のため。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-29 21:38 | 医療全般 | Comments(0)
「昔の風邪と今の風邪」
b0084241_2185550.png
どうも最近の風邪は昔と違ってきたようだ。
昔はパット熱が出て一日でパット治ったたものだが、このごろは熱もあまり出ない代わりに、だらだらと長引く。
これは我々の間ではよく言い交わされれることだが、北里大学の川上名誉教授に言わせると、変わったのはビールスではなく我々が老化して、免疫機能が落ちただけの話だと言う。
川上先生が書かれた「心のアンチエイジング」の一部を引用すると、
「幼児がカゼウィルスに感染すると、鼻水、くしゃみ、せきと同時に40度を越す熱が出て、すぐにぐったりしてしまう。
母親は驚くが、極期を過ぎるとケロッとなおって、何事もなかったかのように元気に遊び始める。若者が風邪を引いたときも、派手な症状は出るけれども、大方は短時日で治り、翌日は元気に仕事を始める。
ところが歳を取ると、カゼウィルスが感染してもすぐには症状が出てこない。何日か後に気道炎症が始まって、鼻水、くしゃみ、せきのような症状が出る。熱もそれほど上がらないが、気管や肺の内部では案外重篤な変化が起きていることがあるので油断できない。そしてウィルスとの戦いが収まるにはかなりの時間がかかることがある。」
今度の僕の風邪もまさにそうだった。
さらに先生の説明では、免疫機能を担う免疫細胞の数は高齢者でもほとんど減少しない、ただ、其の機能が低下していることが最近の研究で明らかになったと言う。
免疫機能強化には、いろいろなことが取りざたされているが、現時点で確実に有効なのは、ビタミンEだそうだ。ただしこれは高齢者のみに言えることで、若いヒトにはあまり意味がないという。
ところでビタミンC も其の抗酸化作用で全身を活性化するので、風邪を含むすべての疾患に対し、其の大量療法はだいぶ以前から提唱されている。
ちなみに抗酸化作用に関してはビタミンEも有効で、そのうえEとCには相乗効果があるとされているので、ともかく高齢者は、EとCを服用していれば間違いないということになる。
そうは言われても当方としては、風邪のパターンの違いは自分の高齢化だけでなく、やはりビールスのほうも加齢によって、ネチッコイ、意地悪ビールスに進化を遂げてきたと思いたい。
あちらだった生存がかかってますからな。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-28 21:08 | 医療全般 | Comments(0)
形成外科医の適性
b0084241_2026962.jpg

形成外科医になりたいけど、器用でなければだめですか?”と聞かれることがしばしばある。
僕はこう答えることにしている。
"そんなことはありません。当たり前の手を持っていれば、誰でもなれますよ。僕を見なさい。”と。
すると相手は、またはぐらかされたかという顔をするが、僕は真面目である。
もちろん器用であることに越したことはないが、大切なことは形成外科に魅せられることと、あとはその人の努力である。
下手の横好きは困るが、自分の腕を過信せず、地道に基本から積み上げ、計画性を会得し、確実な手技を習得することにある。
器用な人の中には時折、あまりプランニングをせず適当につじつまを合わせてしまい、大成しないことがある。
“でも美的センスは必要でしょう?”
これもよく聞かれる質問だ。
“僕はこれも並みのセンスで十分。”とお答えする。
一番の理由は、SF映画と違い、今の形成美容外科のレベルでは、顔を思い通り自由に変えることなど不可能だからだ。
たとえば造鼻術。眼や外傷で欠けた鼻を皮膚移植で再建しても、かろうじて鼻らしいものが出来るのが今の技術の限界を示している。
最も難しいのはペニスだ。機能ははじめから諦めても、形状すら大浴場で他人様に開陳できる代物ではない。
余談になるが、性転換の手術で、男から女は比較的容易だが、その反対は難渋するのはそのためである。
必要なのは美的センスよりも美に対するこだわりだろう。仕上がりに対するあくなき執念。この点でも僕は失格者だと自認している。
仕上がりの完璧さを追求するほどリスクは高まり、僕の場合外科医としての判断がストップをかけてしまうからだ。
だが僕は、患者の心臓が止まっても、まったく気づかずに夢中で細工を続けた名工?を知っている。
そこまでいかなくても最も恐いリスクは、細工に凝りすぎて皮膚が死んでしまうことだ。血流が断たれてしまうからである。
20世紀の名形成外科医ラルフ・ミラードが
“形成外科とは美と血流の永遠の相克である。”
と喝破したのはこのことである。
さすがミラード先生、洒落たことをおっしゃいますね。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-27 20:26 | 美容外科 | Comments(0)
立て、全国のおち⚪️ち⚪️!
b0084241_21284546.jpg

このところ、仲間の著書出版が続く。
今日は熊本名誉教授通称「熊さん」の「さあ立ち上がれ 男たちよ」。
ライフワークの「メンズヘルス」の集大成である。
年をとって丸くなったなどいうのは、男性ホルモンが足りなくなっただけの情けない状態だから、テストステロンを補充して、活性化を図れ、ということらしい。
「ジジイが元気で何が悪い」とビートたけしも帯で吠えている。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-23 21:27 | アンチエイジング | Comments(0)
「熊本悦明先生 男性医学六十周年記念祝賀会」
「熊本悦明先生 男性医学六十周年記念祝賀会」
b0084241_2048634.jpg

今日は「熊さん」のお祝い。
泌尿器科医を志して早60十年。今や押しも押されぬ「男性医学」の権威である。
彼とは医学生として同じ釜の飯を食って4年。彼は何時もトップを走り続け、僕は息せきって追いかけて何時もビリッケツ。
でも楽しい4年間で、その後の60年よりももっと長く感じられる。
クラスで最も生きのいい奴というのはここ20年来の定評。
クラスのトップランナーとして走り続けてください。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-21 20:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)
「熊本悦明先生 男性医学六十周年記念祝賀会」
「熊本悦明先生 男性医学六十周年記念祝賀会」
b0084241_2048634.jpg

今日は「熊さん」のお祝い。
泌尿器科医を志して早60十年。今や押しも押されぬ「男性医学」の権威である。
彼とは医学生として同じ釜の飯を食って4年。彼は何時もトップを走り続け、僕は息せきって追いかけて何時もビリッケツ。
でも楽しい4年間で、その後の60年よりももっと長く感じられる。
クラスで最も生きのいい奴というのはここ20年来の定評。
クラスのトップランナーとして走り続けてください。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-21 20:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)
美の基準
b0084241_18471317.jpg
美の基準の一つとして、人体プロポーションの理想値を割り出す試みは古代エジプト、ギリシャの時代からあった。
まずエジプトでは、中指の長さを基準とし、その19倍の身長を理想とした。
また西洋ではなにかにつけて立ち返るのが古代ギリシャで、とくに紀元五世紀のポリクレイトスの示した規範が影響を与えている。
ポリクレイトスは人体各部の最も美しい比例率を割り出し、それに基づいて「ドリフォロス」(槍を担ぐ選手)など、いくつもの青銅像を作った。
彼は最も美しいプロポーションは七頭身であるとし、更に身体各部の長さにも、それぞれ理想とする比例率を挙げている。
こうした比例率について著した本(現存しない)を表し、ドリフォロスのモデルの槍持ちの従者の名前から「カノン」と題したので以後、人体の美の基準一般をカノンと呼ぶようになった。
古代ローマのカノンはいわゆる八頭身が理想とされ、更に足の長さは身長の二分の一、ひざまでの長さが足の二分の一というように、全体との比例が整っていなければならないとされた。
その後、中世の暗黒時代にはカノンについての議論は影を潜めた。人は神が自分になぞらえて創ったのだから、その体について評価することがはばかられたのだ。
しかしルネッサンスを迎えるとデューラー、ダヴィンチなどの巨匠達が、その頃流行り始めた人体解剖学の知識を取り入れ、様々な規準作りを試みた。
人体各部の計測値、角度の測定、幾何学的図形への単純化などである。
しかしこれら数値は、イメージ的には面白いが、あまりにもアバウトで、現実の患者さんの評価にはほとんど役立たないし、厳密にこれらに当てはまる人はいない。そもそもどれだけ計測を試みても、それだけで美が規定できるものではないという感もする。
いまひとつ僕が釈然としないのは、これらはすべて白人の顔を美の基準として、決めてかかっていることである。十九世紀末から二十世紀始めにかけ、欧米の帝国主義は頂点に達し、白人が人類の進化の頂点であるかのごとき考えが支配的になった時代の傲慢さの名残ともいえる。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-20 18:47 | 美について | Comments(0)
医者の医者選び
b0084241_2136617.jpg

これは前にも書いたかもしれないが、医者でも自分の場合には医者選びには苦労する。
まず、医者であると、医療の裏側を知りすぎている。
世間的には名医で通っているがその実・・・、とか、あいつは手術は熱心だが、症例を増やして教授選を有利に運ぼうとしているとか,この治療はメリットに比べてリスクは無視できると患者には説いても、自分が受ける身になるとやっぱりリスクにこだわったりなどなど。
しかも、こと手術に関する限り、他科の医師の実力など、執刀する姿を見せてもらわない限り、分かるものではない。
また、手術の腕のよしあしは、色々な要素を天秤にかけて決まるので、一概に誰が名手とは言いにくいこともある。
更に教授職にあれば政治的な配慮も必要になる。
他大学には自分の抱えている疾患の名医がいると分かっても、同僚の面子を立てて自分の大学で受けざるを得ないとか。
そのため日本ではあそこが一番と誰もが知っていても、仲間を裏切るわけにいかず、ホノルルへ逃避したりした教授もいた。それはたまたまホノルルに名医がいたからでもあるが。
ところでこれからどこか医者にかかりたいが、というご相談のときは、まだ幸いクラスメートでも現役がいるのでそのつてか、また、後輩や弟子たちを通じて探してあげることにしている。
だが、どなたでもやはりかかりつけの医師というのを持つべきと思う。その人のライフスタイルをのみ込んで、また、家族構成も熟知してくれてる医師が。
昔は内科の開業医がそういう役目をしていた。今は内科医もそれぞれの専門に分かれてしまった。
だから逆に、かかりつけ医師は何科でもかまわない、必要に応じて専門医に紹介するだけの器量とネットワークを持っていれば。
数年前に始まって物議をかもしている2年の研修制度も、また、プライマリーフィジシャンという職種も、すべての医師に交通整理の基本能力を持たせるためのものとして、色々と問題はあるが育てていかねばならぬだろう。
[PR]
by n_shioya | 2016-03-18 21:36 | 医療全般 | Comments(0)
NYマダムのおしゃれスナップ展
「オー・マイ・ゴッド!」
b0084241_21331042.jpg

会場に足を踏み入れた瞬間に僕は叫んだ。
赤、黄、緑と原色が飛び交い,金キラのアクセサリーが光を放つ。
その中から、真っ赤なルージュが口をとんがらせて自己主張を叫ぶ。
横浜そごう3階の「NYマダムのおしゃれスナップ展」の会場である。
だが、その個性豊かなNYマダムのスナップを一枚一枚眺めているうちに僕は、海外からのマダムの美容手術に明け暮れていた昔を懐かしく思い出した。
前にも何度か書いたように、皺伸ばしの手術は気骨の折れるわりに、効果が判然とし難い手術である。
”なんでこんな手間のかかることをしたがるの?“
僕の問いかけにある患者は昂然とこう答えた。
“所詮自己満足よ。虚栄心と呼んでもいいわ。でも、自分の意志で踏み切ったことで、なんか一歩前に進めた感じがするの。”
そう、このマダムたちも,昂然とオシャレを身にまとっている。
“どう,貴方、元気が出るじゃない?”と脇から声をかけたのは配偶者だった。
「ユー・アー・ア・グッド・スポート!」
と、僕はスナップ・ショットのマダムたちを賞賛して、会場を後にした。おっしゃ
[PR]
by n_shioya | 2016-03-17 21:33 | 美について | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム