ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2016年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
富士屋ホテルの箱根
b0084241_21182730.jpg

昨今、軒並みに名所観光地が俗化して行く中で、箱根だけは不思議に昔の面影をとどめているように思われる。
アメリカでの八年間、日本を恋しがったことは一度もない不届き者の僕も、温泉だけは懐かしく思ったものだ。
それも、山あいの宿から昇る湯煙、木賀、底倉といった、名前を聞くだけでも宿場の賑わいが感じられる温泉宿、つまり箱根であった。
アメリカから帰るとまず、車を飛ばして九十九折の旧道を上り、宮の下にそびえるあの古風な御殿のような富士屋ホテルのロビーに飛び込み、ソファーに深々と腰を据え、コーヒーをすすりながら、これから箱根がどんな顔でむかえてくれるか、占ったものである。
仙石原の小塚山、いまポーラの美術館のあるあたりに家を借りて、ひと夏を箱根で過ごしたのは、小学校の二年生のときだったと思う。
車のない時代で、どこへ行くにも日に数回しか来ないバスに頼るしかなかった。
週末には東京で開業していた父がゴルフに来て、家族と一緒にすごした。
土曜の夜来て、日曜の朝早く富士屋ホテルのゴルフ場に出かける。それにお供して送って行くのが僕と、ひとつ上の姉の役目だった。
我々はゴルフはやれないので、あとは二人で帰ってくる。
仙石原を突っ切って、乙女峠の入り口にあるゴルフ場まではおよそ一時間の道程だった。
ある日の帰り道、葦の草むらから男の子がぬっと現れた。
“お前、スカートを脱いで、俺に見せな。”
と姉を脅す。
僕は姉をかばうこともせず、ただ震えて立っていた。
“フン、なによ。あんたが先に脱いでお見せ”
姉が啖呵を切った。
気圧された男の子は、“へえ、すんません。”と逃げていった。
それから家に帰るまで、お互いに一言も口をきかなかった。
おおよその場合、女のほうが太目の肝っ玉に恵まれているという生物界の法則は、以来折に触れて思い知らされ今日に至っている。
富士屋ホテルの華御殿に始めて泊まったのは、、小学校五年の時、富士登山の帰りだった。太平洋戦争が始まって世の中では物資が極度に不足しているというのに、ここだけは別世界だった。
名物の社長は立派なカイゼル鬚がご自慢だった。
“夜寝るときは、坊ちゃん、この鬚には皮のサックをかぶせるのですぞ。”と真顔で教えてくれた。
先週末もオーベルジュからの帰路、富士屋ホテルのテラスでコーヒーをすすりながら昔を思い出し、アレは担がれたのかな、と思い返したが、社長もとっくに他界して確かめようもなかった。
[PR]
by n_shioya | 2016-04-30 21:18 | コーヒーブレーク | Comments(0)
研究不正
b0084241_22432857.jpg

研究者でも嘘をつく。この当たり前のことを認めれば、状況証拠からいって、何も何千万の税金を使って、リケジョのイカサマを検証する必要はなかった。
黒木登志夫氏の最新刊「研究不正」を読むと、研究不正は昔から行われてきたが、最近はことに激しくなってきたことがわかり、愕然とする。
僕にしても、論文の査読をするときは性善説に基づいて、まさかデータが捏造されたり、画像が加工されてるとは思わない。
だがそうとも言えないと、黒木氏は20数例の事例を分析して、その手口、また捏造に追い詰められる研究者の心理まで踏みこんで検討されている。
こうしてみると僕など、さしたる業績もないが、不正だけは働かなかったから、もって瞑すべしというべきか・・・
[PR]
by n_shioya | 2016-04-29 22:43 | コーヒーブレーク | Comments(0)
まーラーとバーンスタイン
今日はサントリーホールでN響の定期演奏会。
スラトキンの指揮でバーンスタイントマーラーという組み合わせ。
半世紀前のアメリカ留学の頃が、バーンスタインの絶頂期だった。
「オンザタウン」と「ウエストサイドストーリー」からの抜粋がが今日の演目。
実はマーラーは苦手だったが、きょうの第4番はなかなか良かった。
そろそろ何につけ、偏見は捨てるべきですな。
b0084241_22432244.jpg

[PR]
by n_shioya | 2016-04-28 22:43 | コーヒーブレーク | Comments(0)
アゼリアティーに招かれて
b0084241_20341336.jpg

100年近くの歴史を持つ「横浜国際婦人会」の存在を今まで知らなかったのは迂闊であった。
きょうはその「横浜国際婦人会」が主催する第61回アゼリアティーがニューグランドのペリーの間で開催された。
上智の孫娘が司会のお手伝いをするというので、覗きに行った。
婦人会だから当然だがほとんどが女性で、場違いなところに迷い込んだようで、初めは落ち着かなかったが、会の御趣旨を伺い、ご馳走をいただき、トリオの演奏、タンゴのデモンストレーションなど楽しい一時でした。
[PR]
by n_shioya | 2016-04-27 20:34 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ジョージ・エリオットの言葉

b0084241_20534558.jpg

僕は形成外科医として、ためらいを感じながらも、「形の美」を肯定し、追求してきた。
だがいつも心にかかっていたのは、あのイギリスの女流作家、ジョージ・エリオットの言葉である。
十九世紀の女流作家ジョージ・エリオットはロモラ、サイラス・マーナーなどの名作で知られているが、その類い希な知性と人間的な魅力には、およそふさわしからぬ容貌の持ち主であったという。
そのため深くつきあった男性と、同棲は続けても結婚はしてもらえなかった。
結婚したいのは山々だが、その顔では、とまではっきり言われたという。
彼女と親しかった作家のヘンリー・ジェームスは、父親にこう書いている。
「彼女はとてつもなく醜い。額は狭く、目は鈍く灰色で、鼻は垂れ鼻、口は馬鹿でかい・・・・
だが、その醜い衣のうちには 素晴らしい美がひそんでいて、瞬時に人の心を虜にしてしまう。私もその囚われ人の一人です。」
そのエリオット自身は出世作「アダム・ビード」のなかで、こう言っている。
「すべての美しい形に栄えあれ。男も女もそして子供にも、美をまとわせよう。だが、今ひとつの美も忘れないようにしよう。それは見た目の美しさでなく、人間の心の奥に潜む感性の美を。」
これを僕たちの仕事に当てはめるとこう言うことになるだろう。
“手術によって顔かたちを整えるのも結構でしょう、それでコンプレックスの解消になるならば。でも外見だけの幸せにとどまらないでください。人間の心はもっともっと広く奥深いものですから。”
[PR]
by n_shioya | 2016-04-26 20:53 | 美について | Comments(0)
美容医療のメッカ自由が丘クリニック
地域密着型を合言葉に、環七、環八の狭間の自由が丘に古山君が「自由が丘」クリニックを開いてはや20年。
もはや地域だけでなく、首都一円いや日本全土の美容医療のメッカに発展した。そして今や韓国、中国でも自由が丘クリニックの名は轟いているという。
今日はリノベーションしたクリニックを見学、そのあとは行きつけの鉄板焼き屋でご馳走になった。
b0084241_1919564.jpg

b0084241_19192816.jpg

[PR]
by n_shioya | 2016-04-26 19:19 | 美容外科 | Comments(0)
木村やよいさん京都から出馬
b0084241_2033396.jpg

衆議院議員の木村弥生さんとモナリザでランチをご一緒したのはつい先だっての月曜日である。
その時はDAA(アンチエイジング医師団)の事務局の女性二人も一緒で、この「男性優位」の社会で如何に「女性の活動の場」を築くかで、お三方で盛り上がっていた。
かつてのウーマンリブの闘志、ベティ・フリーダンの晩年の著書「老いの泉」はここでご紹介したことがあるが、その中で彼女は改めてこう述懐している。
”女性が男社会で認められていくのが如何に大変なことか。仕事は男の2倍、3倍はこなせばならぬ。そのうえ、女性性を保つことも要求される“と。
木村さんは30代後半までは家庭の主婦。そして看護師の勉強を。そのご看護協会の広報を担当され、7年前から活躍の場を永田町に移された異色の自民党議員である。
今度の衆院選挙では、木村さんは京都の候補予定者となることを決意されたという。あの“不倫騒動”で世間を騒がせた京都三区で、一から活動をされるというのだ。
これまでいつも人生の岐路に立った時、ただ淡々と与えられた使命をこなして来られたという。
これはいうはやさしいが、なかなか凡人にできることではない。僕が尊敬し、満腔の支援を約し、将来の大成を期待する所以である。
僕はこれまで極め付けの政治音痴というか政治無関心派。
この僕を政治に目覚めさせてくれた木村さん。
皆さんも是非「木村弥生」を応援してください。
[PR]
by n_shioya | 2016-04-24 20:33 | コーヒーブレーク | Comments(0)
おめでとう、勝又さん!
b0084241_2350788.jpg

今宵はオーベルジュ・オー•ミラドーの30周年記念パーティ。
勝又さんの人柄もあってか、和気藹々とした楽しい会だった。
もう明日になりそうなので、詳しくは明日にでも。
b0084241_23502994.jpg

[PR]
by n_shioya | 2016-04-23 23:50 | 食生活 | Comments(0)
「至福の時〜ハヤシオムライスバーグを食らって〜」
b0084241_2115997.jpg

ハヤシライス、オムライスそしてハンバークは洋食の定番であり、すべて僕の好物である。
それを一皿に盛り込んだのが「ハヤシオムライスバーグ」。
オアゾ丸善のカフェの目玉メニューであり、日本中いや世界を探してもここにしかない。
今日もそれを食らいながら、カントの「判断力批判」を読みふけって至福の時を過ごした。
なぜカント?
実はこの「判断力批判」、立派な「美学」の古典的名著とされている。
[PR]
by n_shioya | 2016-04-22 21:02 | コーヒーブレーク | Comments(0)
カラーセラピー
b0084241_23104574.jpg

今日は「カラーセラピー」のお勉強。
カラーセラピストの菊池多佳子女史がキッテのオフィスにお見えになり、アンチエイジングネットワークのメンバーにカラーセラピーのエッセンスをご伝授くださった。
誰でも二つの色を持っているそうだ。
一つはピュア・カラーと言って生年月日によって決まる色。
今一つはアクティブ・カラーと言って生活環境や心の持ちようによって変わってくる色。
12色のガラス玉を駆使して意識すべき色を解き明かしていく。
また、12色に対比するアロマ・エッセンスもあるようで、カラーの世界は奥が深い。
[PR]
by n_shioya | 2016-04-21 23:09 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム