「ほっ」と。キャンペーン
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2017年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
特養の限界
b0084241_2144123.jpg

最近、認知症を抱えたご家族の嘆きを耳にすることが多い。
例えば今日入ってきたのは「特別養護老人ホーム」、いわゆる「特養」の限界。
“介護度が高い『特別養護老人ホーム』になると、基本、回復を求める
施設ではないので、リハビリなどのプログラムがなくなってしまう
ことです。リハビリにも保険はかかるわけで、当然と言えば当然
なんですが、運動療法や言語療法はある程度定期的に
行ってくれるものだと思っていたのですが、そういうことをするのは
病院で…”と言われた家族の嘆き。
僕の親父は100歳の時、またエージ・シュートをやると言って張り切りすぎ、脳梗塞と大腿骨骨折を起こし、寝たきりの認知症になった。
老人ホームの手厚い介護とリハビリで徐々に回復したが、ある時「特養」に空きが出来、リハビリなどの設備もずっと充実しているので、期待して移したのだが、やがて状態が悪化し、106歳手前で亡くなった。
移す際に施設の院長から、“ここは現状維持が精一杯なので、申し訳ないが回復は期待せぬよう”と言われ、愕然としたのを思い出す。
もちろん、いまの日本では「特養」に入れてもらえるだけでもありがたいことで、また予算、人手の不足など十分に承知はしてるつもりだったが、これが日本の福祉の現状かとがっかりはした。
しかもこれは特養の抱える矛盾の一つに過ぎない。
高齢者の介護そのものに問題が山積している。
そしてアンチエイジング医学の抱える最大の課題は認知症の対策と言って過言ではない。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-20 21:05 | 老年病 | Comments(0)
漢方のご利益?

まだ本調子ではないが明日から仕事復帰。
最近の風邪は昔と違ってパッと熱が出てパッと下がらず、ちょっと喉の痛みで始まって、熱も出ず何となく気分が悪く、治り方も緩慢でだらだらと。
いい加減うんざりします。
でも今回は漢方のおかげでいつもよりは治りが早いような気がする。
ひき始めに葛根湯を二日間。症状が出始めて山場を過ぎてからは補中益気湯。これはまだ飲んでます。
これが良かったかな?
ひとりの患者の言だけではエビデンスに乏しいことは百も承知で、みなさんにもお勧めします。かんb0084241_22462078.jpgb0084241_2246275.jpg
[PR]
by n_shioya | 2017-02-19 22:46 | コーヒーブレーク | Comments(0)
鳩時計の想い出
b0084241_22244618.jpg

ヘッセの故郷カルフの南には、ライン川に沿って「黒い森」の山並みが連なる。そのなかほどにある村がフルトワンゲン。「黒い森の鳩時計」で知られた村である。
10年ほど前、ライン川沿いのフライブルグでの学会参加の際、レンタカーで黒い森をドライブし、鳩時計を求めてフルトワンゲンに立ち寄った。
ところが産地にありがちなことだが、何処にいっても時計店はない。やっと見つけた一軒の店で、手頃な品を一つ買うことにした。
店の親父さんに手渡しながら配偶者が聞いた。
“電池は何処から入れるんですか?”
親父は一瞬絶句した。
ご承知のように鳩時計の良さは、万事デジタルの時代、重りの重力が振り子を振ることで針が進むアナログのところにある。
配偶者が子供達から「究極の天然」と言われる所以である。
その鳩時計は今、八ヶ岳の山小屋を飾り、森の生活を豊かにしてくれる。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-18 22:24 | コーヒーブレーク | Comments(0)
老いとヘッセ
b0084241_2223480.jpg

風邪で家に閉じ込められ、ヘッセを読みふける。
その一節
“「青春」とは、私たちの心の中の大人になっても変わることのない子どもらしさです。そしてその子供らしい部分が多ければ多いだけ、私たちは冷静な意識をもった生き方をしながらも、よりいっそう豊かに生きることができます。”
ヘッセの故郷カルフを訪れ、マウルブロンの修道院の中庭で「車輪の下」に思いを致したのは10年も前のことだったなぁ。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-16 22:02 | アンチエイジング | Comments(0)
人体蜘蛛の巣説
b0084241_2215563.jpg

このところ、ホルモンの作用の多様性が話題になっている。
例えば食欲ホルモン「グレリン」の抗老化作用、また骨ホルモン「オステオカルシン」の抗糖化作用などなど。
これは僕の、人体蜘蛛の巣節から言えば当たり前なことである。
免疫系、内分泌系、神経系などは丁度蜘蛛の巣のように複雑に絡み合い、一箇所の刺激が網の目全体に波及する都いう考えだ。
そもそもこの何々系というのは、西洋医学が便宜的に腑分けしただけで、その分析的手法はそれなりに役立ってきたが、そろそろ統合を考えてもいい時が来ているのではなかろうか。
細分化するほど、医療は八幡の藪知らずに迷い込む。ここで何か、全体俯瞰を俯瞰し、中心のファクターに迫る。
伝統医学、殊に東洋医学にその辺の知恵があるような気もするが・・・
[PR]
by n_shioya | 2017-02-15 22:16 | アンチエイジング | Comments(0)
風邪とキグチコヘイ
b0084241_2012115.jpg

ついに風邪でダウン。
2月なかば。もうこれで逃げ切れるかと思ったが、甘かった。
二日前からちょっと喉が痛くなり、怪しいと思ったが、昨夜から鼻水、咳。本格的な風邪の症状である。
僕は一旦引くと長引くので、全てを放擲して療養に専念することにした。
そんなこといって、ブログ、FBをかけるんなら大したことはないんじゃ?
ブログは10年、FBも始めてから1日も欠かさないというのが、僕の誇りである。
いやどんな事態でも、ブログ、FBだけは途絶えさせないというのが僕の信条。
4年前、タクシーの大事故で腰椎骨折し、2ヶ月ベッド上安静を強いられた時も、1日たりともブログ、FBは絶やさなかった、事故当日を含め。
昭和一桁なら知っているでしょう?日清戦争当時の日本軍喇叭兵のキグチコヘイの心意気である。
“キグチコヘイハシンデモラッパヲクチカラハナシマセンデシタ”
だがこの美談もウィキペディアを開くと、
「これは本人の精神力というよりも、死後硬直が原因であると指摘されている」という無粋な記述があった。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-14 20:13 | コーヒーブレーク | Comments(0)
アロマで安全運転
b0084241_1945778.jpg

ホリデーオートに連載中の「乗るクスリ」第三弾が出ました。
今月のテーマはアロマと運転。
アロマの伝道師、大工原忍さんとの対談です。
認知症にも良いというアロマ、高齢者の安全運転の助けになるはず。
集中力を増すアロマ、眠気覚ましに役立つアロマ、そして目の疲れに効くアロマなどなど。
アロマの世界は奥が深い。
ちなみに回春のアロマもあるそうです。いかがですか?
[PR]
by n_shioya | 2017-02-13 19:06 | アンチエイジング | Comments(0)
東慶寺詣で
今日は日本晴れの鎌倉日和。
まずは北鎌倉の「縁切り寺」東慶寺へ。配偶者に他意があったわけではない。
梅が咲き始めていた。
西田幾多郎、和辻哲郎、小林秀雄など文人、晢人の墓が多い。
そして墓地の最上段にある「向寮塚」で手をあわせる。旧制一高の有志の墓で、僕も入る資格はあるが、カトリックなのでとりあえずはご遠慮している。


b0084241_17463059.jpg

[PR]
by n_shioya | 2017-02-12 17:46 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ショコラを観て
b0084241_2218883.jpg

今日の土曜日はまた映画。
「ショコラ〜君がいて僕がいる〜」
迂闊なことに、以前上映されたチョコレート造りの映画と混同して、これもショコラティエの話かと思って観にいったが、とんでもない、「ショコラ」という芸名の黒人芸人とその相方の白人芸人との笑いと涙の物語であった。
まだ黒人の人権など無視されていた19世紀の終わり頃の実在の道化のペアで、パリで大人気だったという。
主演の二人の演技が素晴らしく、まことに見ごたえのある映画でした。僕が名誉院長を務めるAACクリニック銀座のそばの「シネスィッチ」で上映中です。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-11 22:18 | コーヒーブレーク | Comments(0)
宅配便詐欺
b0084241_2210058.jpg

おれおれ詐欺を免れた話は一昨日したが、今出回っている詐欺に「着払い詐欺」というのがある。
先日“着払いですが、”と宅配便が届けられた。
憶えがないので、“何処から?”と聞くと、記憶にない差出人である。頼んでないからとお断りしたが、これが詐欺だったようだ。
額が2万いくらというのも微妙である。
おそらく1万以下では商売にならないだろうし、3万以上だと怪しまれる。
もちろん宅配業者に罪はない。
そういえば数年前にも詐欺電話がかかってきたことがあった。
“ご主人が交通事故に遭われて・・・”と配偶者が電話を受けている時に、そのご主人が帰ってきたのである。
“老夫婦の二人暮らしはいい鴨だから気をつけてよ、”と一昨日名前を騙られた三男にきつく言われた。
[PR]
by n_shioya | 2017-02-10 22:10 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム