人気ブログランキング |
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
N響の定期演奏会
b0084241_22435194.jpg
今日はサントリーホールでN響の定期演奏会。リスト、リムスキーコルサコフそしてチャイコフスキーとロシヤ人かロシヤと関わりのある作曲家の演目。指揮者もピアニストもロシヤ人。なかなか楽しめました。
# by n_shioya | 2019-12-12 22:48 | コーヒーブレーク | Comments(0)
第49回日本創傷治癒学会スタート
b0084241_21004436.jpg
今日から第49回日本創傷治癒学会スタート。会長は埼玉医大の市岡教授。その隣は若手のホープ藤井美樹ちゃん。創傷治癒といってもなじみが薄いかも知れぬが、平たく言えば傷ケアの研究会。この分野では世界最古の学会である。この半世紀で、傷ケアは著しい進歩を遂げた。まず、湿潤療法の開発。ちょうど学会スタートの頃、イギリスのウインターによって提唱された。傷口は消毒剤を使わず水道水で洗浄し、その頃開発された高分子膜で覆い、滲み出る体液を温存すると早く綺麗に治るという実験結果に基づく。そして培養皮膚による重症熱傷の救命。これが今人気の再生医療につながる。これからの課題はケロイドの治療とスカーレスヒーリング。この解決にはあと何年かかるだろうか?
# by n_shioya | 2019-12-11 21:01 | 医療全般 | Comments(0)
北里大学医学部教授会の忘年会
b0084241_08422750.jpg
今日は北里大学医学部教授会の忘年会。名誉教授も招待されているが、初代教授は僕一人。僕が毎年欠かさず出席しているのは下心があるからだ。つまり、いつどの現役教授のお世話になるかわからないからである。現に8年前のタクシー事故で腰椎骨折を起こして以来、整形外科の高相教授には今でもお世話になっている。そして白内障は眼科の清水君に。ということもあるが、僕は北里を愛している。50年前、アメリカ帰りのピント外れの男を温かく迎え、好き放題にさせてくれたからである。そう、来年は北里大学医学部創立50周年。フレー、フレー キタザト‼️
# by n_shioya | 2019-12-11 08:43 | コーヒーブレーク | Comments(0)
看る力
b0084241_20582298.jpg
「その日暮らしの勧め」この本もまたオススメである。「看る力」。聞き上手の阿川佐和子と、今評判の慶友病院という老人病院の会長の大塚宣夫の対談である。面白くないことはあり得ない。しかも彼らが意気投合する話題や結論は僕も大賛成のことばかり。その一つ二つを、1 介護は家族に頼るのは無理がある。お互いに善意があるほどにギャップは広がる。それは家族であるための甘えとワガママが災いをするからだ。2 ギリギリまで老人ホームには入るな。無理しても自分のことは自分でしないとボケが早まる。だが、最後はどういう施設で世話になるかの目安はつけておくこと。3 今日を楽しめ。明日以降の様々は思い煩わずに。いま心配していることはまず起こらなない。今日取り上げたいのは最後の3番目。今を生きる、などいうと肩肘張ってしまうが、とりあえず明日からの思い煩いを頭から放逐すると、自然に今日という日が見えてくることがわかりました。そして、明日から先の日が頭から消えると、今日という日は意外に悪くないな、と思えてきます。そして本当は人間は良くも悪くも今日を生きるだけでも手一杯な存在だということも素直に受け入れられるようになります。つまりはこの年だからこそ許される「その日暮らし」のおすすめです。皆さんも試してみてください。
# by n_shioya | 2019-12-09 20:58 | アンチエイジング | Comments(0)
看る力
b0084241_20582298.jpg
「その日暮らしの勧め」この本もまたオススメである。「看る力」。聞き上手の阿川佐和子と、今評判の慶友病院という老人病院の会長の大塚宣夫の対談である。面白くないことはあり得ない。しかも彼らが意気投合する話題や結論は僕も大賛成のことばかり。その一つ二つを、1 介護は家族に頼るのは無理がある。お互いに善意があるほどにギャップは広がる。それは家族であるための甘えとワガママが災いをするからだ。2 ギリギリまで老人ホームには入るな。無理しても自分のことは自分でしないとボケが早まる。だが、最後はどういう施設で世話になるかの目安はつけておくこと。3 今日を楽しめ。明日以降の様々は思い煩わずに。いま心配していることはまず起こらなない。今日取り上げたいのは最後の3番目。今を生きる、などいうと肩肘張ってしまうが、とりあえず明日からの思い煩いを頭から放逐すると、自然に今日という日が見えてくることがわかりました。そして、明日から先の日が頭から消えると、今日という日は意外に悪くないな、と思えてきます。そして本当は人間は良くも悪くも今日を生きるだけでも手一杯な存在だということも素直に受け入れられるようになります。つまりはこの年だからこそ許される「その日暮らし」のおすすめです。皆さんも試してみてください。
# by n_shioya | 2019-12-09 20:58 | アンチエイジング | Comments(0)
日本おリボン党
b0084241_22531306.jpg
白川みきさんは塩谷塾第3期生で、「日本おリボン党」党首。今日はその関東支部発足の記念パーティが銀座で行われた。「愛され美肌」で知られる白川みきさんは、紫外線よけパラソル、レッグウォーマー、ボレロなど次々とヒット商品を誕生させ、もはやブランドであり、今日もそのファンクラブといった華やかさだった。皆様もご支援のほどよろしく!
# by n_shioya | 2019-12-08 22:53 | 美について | Comments(0)
楽しい、楽しい午後
b0084241_21393514.jpg
今日は寒い、寒い一日でした。でも楽しい、楽しい午後でした。スタートはエレガン倶楽部フェスタ。銀座メルサの6階はスカーフやお菓子やアクセサリーのお店で溢れてました。そしてその向かいのギャラリーゴトーでは、クリスマスパーティ。クラシックギターの演奏と三人の作家の展覧会とフィンガーフードを楽しみました。 
# by n_shioya | 2019-12-07 21:40 | コーヒーブレーク | Comments(0)
私はよろこんで歳をとりたい
b0084241_22133039.jpg
また、心温まる本に出会った。「私はよろこんで歳をとりたい」著者はイエルク・ツィンク。第二次大戦で九死に一生を得たドイツの神学者。老年は肩の力を抜いて楽しもうという趣旨である。読むほどにこちらも気楽になってきた。その一節、“つい先ごろ山でカエデの老木に出会ったわたしもその木のように ただそこにいて生きているだけでよいのだようやくそのように わたしも成長し自由になった!“
# by n_shioya | 2019-12-06 22:14 | コーヒーブレーク | Comments(0)
堀文子と岡田謙三
b0084241_20385295.jpeg
60年前。北部ニューヨークの岡田謙三さんの別荘で堀文子さんに初めてお目にかかった。岡田さんはグリニッチビレッジにアトリエはお持ちだったが、別荘で過ごされることが多かった。当時僕はその近くのオルバニー大学病院でレジデントを務め、ひょんなことから岡田さんと知り合い、しばしば別荘にお招きいただいた。何ベッドルームかわからぬほどの広大な山荘で、岡田ホテルと自称されて、日本からの画学生を誰彼となく泊めては世話をされていた。堀文子さんもその岡田ホテルの長期滞在者の一人だった。堀さんが留守のある日、岡田夫人がちょっと、ちょっとと我々を堀さんのアトリエに招き入れてくれた。“彼女は絶対に自分のアトリエは人に見せないの。こんなこと知れたらカンカンになるわ。彼女が怒るとそれは怖い。鬼の形相だわ。”アトリエにどんな絵があったかは覚えてない。なんで岡田夫人が堀さんの嫌がることをしてくれたのかもわからない。そして我々はいささかのやましさを今まで持ち続けてきた。その堀文子さんも今年初め、100歳で逝ってしまわれた。岡田夫妻はもうこの世の人でない。今日その回顧展をナカジマアートで拝見して60年前を思い出しました。
# by n_shioya | 2019-12-05 20:40 | コーヒーブレーク | Comments(0)
詩と出会う 詩と生きる
b0084241_22403082.jpg
素晴らしい本に巡り合った‼️「詩と出会う 詩と生きる」。著者は若松英輔。“自分にとって大切なのは、その人が詩人であるかどうかだ。”と言ったのはシャガールである。そして詩とは言葉の詩に限らない、”絵画でも、音楽でも、写真芸術でも、詩心に通じるものすべてを含む“と付け加えている。同感である。「大切なものは目に見えない」と星の王子様は砂漠で狐に教えられた。その目に見えないものの核心が「詩」であると僕は思う。だが若松英輔が説くのは、言葉の「詩華」の特別な立ち位置である。たった一つでも良い。自分の心に響く「詩」を持ち、大切にすることが、詩魂を養い、物質中心のストレスフルな現代社会で生き延びる力を与えてくれるという。ともすれば枯渇しがちな高齢者の心に潤いを与えてくれるのが、「詩」である。 
# by n_shioya | 2019-12-03 22:41 | 美について | Comments(0)
自在鉤
b0084241_20275499.jpeg
もはや手遅れだが、昔僕は「囲炉裏端」に憧れていた。晩年は木組みの白壁の「古民家」を終の住処とし、囲炉裏端で余生を送るつもりだった。その象徴が「自在鉤」だった。このところ、やがてはマンションに移り住むとか、介護はどうするかなど不景気な考えに囚われて、自在鉤のことは忘れていた。今となってはやはり可能な限り今の所に住み続けたい。でも最低限一階はバリアフリーとし、リビングに囲炉裏は無理でも、自在鉤だけは吊り下げてみたいと思う。
# by n_shioya | 2019-12-02 20:28 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ポーラ美術館見学
b0084241_20130624.jpg
今日は箱根まで足を伸ばし、ポーラ美術館見学。シンコペーションという括りで、現代作家と印象派やエコール・ド・パリの作家たちを結びつける試みをしてました。シンコペーションとは音楽の技法らしいのですが、このような絵を額縁から解放してみるのも面白い試みと思いました。会場の一つでは、音まで唸ってました。それにしてもポーラのコレクションは素晴らしい。僕が一番好きなのはルドンの花の絵です。
# by n_shioya | 2019-12-01 20:13 | 美について | Comments(0)
釜飯とワカサギの唐揚げ
b0084241_20364882.jpg

[#IMAGE|b0084241_20364882.jpg|201911/30/41/|mid|660|370#故あって今日の夕食は釜飯とワカサギの唐揚げ。なかなか乙なものでした。
# by n_shioya | 2019-11-30 20:38 | 食生活 | Comments(0)
潤うからだ
b0084241_22263623.jpg
前回の塩谷塾のテーマ「春画」に触発されたのか、塾生のお一人から一冊の本を渡されました。題して「潤うからだ」。女性にもっと自分の膣まわりのケアをすべきという啓蒙書である。ハイジーンの問題も大事だが、それ以上に大事なのは潤いを保つことだという。それがセックスライフを豊かにするが、日本女性はあまりにも無関心だと指摘する。著者は森田敦子。植物療法士である。抗加齢医学会の理事で山王病院の太田部長が推薦文を書いておられる。僕は門外漢ではあるが、やはりこの問題は遠慮なく産婦人科の医師の指導を受けるべきと思う。
# by n_shioya | 2019-11-29 22:27 | コーヒーブレーク | Comments(0)
サンクスギビング
b0084241_21460859.jpg
今日はサンクスギビング。久しぶりに横浜のアスレティック・クラブ、YCACで、ニューヨークからの孫娘を誘って、ターキー・ディナーを楽しんだ。正直、ターキーは特に美味しい肉とは思えない。でも、いわば縁起物なのでそれはそれでいいでしょう。ターキーを見るといつも思い出すのは、アメリカでの初めてのサンクスギビング。大きなターキーが手にはいったので、友達数家族を家に招いた。ゲストが揃ったところで、配偶者が冷蔵庫からおもむろに冷凍のターキーを取り出した。ゲストが皆腰を抜かしたのはいうまでもない。我々は解凍するのに数時間かかるというのを知らなかったのである。止むを得ず皆で空港に行って飛行機の発着をながめて時間を潰し、やっと焼きあがった七面鳥にゲストがありついたのは真夜中過ぎだった。
# by n_shioya | 2019-11-28 21:47 | コーヒーブレーク | Comments(0)
法王になる日まで
b0084241_23390748.jpg
日本での布教を志して司祭の道を選ばれた方が、教皇となってやっとその念願を果たされたことは、素晴らしいことでした。それにあやかってというわけではありませんが、今日は「法王になる日まで」を観てきました。独裁政権下のアルゼンチンでの布教は想像を絶する激動の半生だったようです。だがこれからのバチカン内部の、そしてカトリック教会内部の改革への抵抗勢力との闘いはそれ以上に壮絶なものになるのでは・・・「迷える子羊」として、心の底からお祈りしています。
# by n_shioya | 2019-11-26 23:39 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ピア8
b0084241_22145721.jpg
横浜みなとみらいにまた観光スポットが誕生しました。新しい埠頭「ピア8」です。そこに新しくまたインターコンチが誕生したというので、早速米寿のミーハー夫婦はお茶をしに参りました。港を眺めながらのホットチョコレートは最高でした。皆様も是非一度!
# by n_shioya | 2019-11-25 22:16 | コーヒーブレーク | Comments(0)
dクリニック
b0084241_11510908.png
最近、シャンプーのPRをシェアしているので、ろくに洗髪などせん男がなぜ?と訝しく思われるかもしれないが、僕と髪の毛との関わりは40年の歴史があります。日本で植毛、増毛を最初に言い始めた外科医の一人ではないかと自負しております。その頃アートネーチャーに大変熱心な開発部長がおられ、髪の毛を増やす方法はないかと北里に訪ねて来られました。僕は外科医のいい加減さで、“そんなのは簡単だ。玉ねぎのように毛根を縦に4分割すれば、4倍になる。でも実用化には20年はかかるけどね”というと相手は何年かかっても、金に糸目はつけませんという。まだ再生医療など存在しなかった時代である。試行錯誤を続けるうちに20年は経ち、毛根は増えないうちに、ミノキシジルが現れ、数は増やせないが、休止期の毛根を活性化することは可能になった。そしてアートネーチャーと共同で始めた発毛専門外来が、今僕が名誉院長を務めさせていただいているdクリニックの前身である。そして現在は東京女子医大の川島名誉教授が総院長を務めてくださっている。そして並行して開発した育毛シャンプーが、このスカルプDである。ですから薄毛でお悩みの皆さん、迷わずに是非一度dクリニックでご相談ください。八重洲のホテル・フォーシーズンスが 入っているビルの10階にあり、メンズとウイメンズと分かれて診療しております。https://hairmedical-doctor.com/lp/all/10yss/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand&utm_content=actualized&wh=hadws&waad=mWEcvVrH&ugad=mWEcvVrH&gclid=EAIaIQobChMIj_Po4Y6C5gIVSaWWCh2dzguZEAAYASAAEgK5SvD_BwE 
# by n_shioya | 2019-11-25 11:51 | Comments(0)
二つの大事業
b0084241_23025531.jpg
今日は二つの大事業を成し遂げました。一つは運転免許更新の為の、「高齢者運転実技講習」。今一つは「塩谷塾第7回」。そのテーマは「秘すれば花」。88歳の元高級官僚の犯した人身事故のおかげで、なんの罪のない我々米寿者たちが煽りを食らっています。午前中は高齢者の認知症検査、そして運転実技テスト。これが更新に響く訳ではないと言われてもやはりテストは嫌なもんですな。でも無事に終えました。認知症テストは92点。100点満点なら大したものです。でも本音のところ、加齢による運転技術の低下は免れません。特に反射神経の劣化。そしてバックが下手になりました。そして午後は「秘すれば美」。今回は春画の権威、車先生をお招きして、「秘すれば美」の対極にあると思われる「モロ出しの性行為」について江戸文化の視点からお話しいただきました。女性にとってセックスは抗加齢に効果的という締めのお言葉は、アラフォー、アラフィフの女性にとっては歓迎すべきいお告げのようでした。
# by n_shioya | 2019-11-22 23:03 | コーヒーブレーク | Comments(0)
地図を見るのは楽しい
b0084241_22435337.jpg
地図を見るのは楽しい。本棚の一つを地図が占領している。これまでは旅行に出るたびに地図を買いあさっていた。それもほとんどがヨーロッパのドライブマップである。それがこの所、日本の道路地図が増えてきた。去年買い換えた車のナビが全く役に立たないので、また地図に回帰したのである。改めて感じたのは、ナビのおかげで地図を読む楽しみを喪失してしまったことだ。ナビは出発点と到着点を、つまり点と点を線で結ぶだけである。ドライブもそれを辿るだけの味気ないものに堕してしまう。だが、地図を眺めると何よりも自分の立ち位置が鮮やかに浮かんでくる。山や湖や海岸線やが。そして地図を眺めるだけで、旅しているような気分になる。いずれ免許証を巻き上げられる時が来ても、僕から地図を眺める楽しみを奪うことはできまい。
# by n_shioya | 2019-11-21 22:44 | コーヒーブレーク | Comments(0)
大学入試の記述式
b0084241_20091937.jpg
大学入試の記述式が問題となっている。報道で知る限り、問題は記述式そのものの是非ではなく、その検討不十分な実施方法と強引な導入にあるようだ。記述式は採点が主観的になり、しかも採点の人手は莫大である。営利機関のアルバイトに任せられる問題ではない。マルティプルチョイスは、機械がやってくれるので、効率はいい。だが結果的には記憶力のテストに堕する。僕も記述式の意義は十分に認める。ある意味で、理解力、判断力そして表現力をが必要とされる。これが高校での学習の仕方の改善につながるならこれに勝るものはない。だが、大学入試の段階でどれほど必須なのか、また実際的に可能なのかは十分検討さるべきであろう。マルティプルチョイスを基本共通なものとし、記述式は各大学の裁量に任せたらいかがなものだろうか?メディアの議論を聞いている限り、最大の問題は文部省と安倍首相率いる安倍内閣そのもに対する国民の最大の不信感にあるようだ。
# by n_shioya | 2019-11-18 20:09 | コーヒーブレーク | Comments(0)
北里医学部同窓会の横浜支部
b0084241_23120066.jpg
今日は北里医学部同窓会の横浜支部の集まりが中華街であった。中華街のドン、博会員のおかげで1万円の会費で、2〜3万に相当するコース料理が堪能できた。昔に還ってワイワイガヤガヤ、同窓会は最高のアンチエイジングである。
# by n_shioya | 2019-11-16 23:12 | コーヒーブレーク | Comments(0)
アンチエイジングの日
b0084241_21562047.jpg
皆さん、今日、11月14日は「アンチエイジングの日」です。イイトシ(1114)の語呂合わせで、12年前に僕が理事長を務めるNPO法人アンチエイジングネットワークで制定させていただきました。アンチエイジング啓蒙のためにスタートしたNPOですが、十分にその目的は達せられ、アンチエイジングという言葉も定着し、メディアも関連学会もこの日を中心に様々な行事を展開するようになりました。皆さんも是非、この機会にアンチエイジングへの理解を深め、ご自分のライフスタイルに生かすようにいたしましょう。
# by n_shioya | 2019-11-14 21:56 | アンチエイジング | Comments(0)
形成外科の基礎学術集会
b0084241_21371979.jpg
今日から形成外科の基礎学術集会。昔、他の無知な医師仲間から、“オメェ等皮剥屋は板金塗装をやるだけで、学問なんかできんじゃ”と馬鹿にされ、何俺たちだって基礎研究はできるぞ、と30年前に立ち上げたのがこの学会である。その後、マイクロサージャリーとか、クラニオフェーシャルサージャリーと新しい分野を切り開いてきた。何よりも今は確立した分野の臓器移植は形成外科医が先鞭を切っている。そして初めて腎移植を成功させノーベル賞を受賞したハーバードのマレイ教授は形成外科医であることは我々の誇りとするところである。明日からの学会発表が楽しみだ。
# by n_shioya | 2019-11-13 21:37 | コーヒーブレーク | Comments(0)
笑いと治癒力
b0084241_21064988.jpg
この本は素晴らしい本です。ノーマン・カズンズの「笑いと治癒力」。ちょうど今から40年前に出版されて魅了されて以来、何度読み返したことか。著者のノーマン・カズンズは「ヒロシマ」を書き、原爆乙女をニューヨークのマウント・サイナイ病院で治療を受けられるよう努力した、雑誌ニューヨーカーの編集長。難病の膠原病を、笑いとビタミンCの大量点滴療法で克服した男である。その経験と思いを赤裸々に綴ったのがこの本である。これからの医学のあり方を指し示している。ぜひお読みください。
# by n_shioya | 2019-11-12 21:09 | アンチエイジング | Comments(0)
今日は引越しの日
b0084241_20161059.jpg
「今日は引越しの日」。住み慣れたキッテの26階のNPOのオフィスから、八重洲側のビルに引っ越しました。フォーシーズンス ホテルが入っているビルの10階に僕が名誉院長を務めるクリニックがありますが、そこに居を移し、名誉院長の責を果たすことになったのです。東京駅からの距離はこちらも1分で、アクセスの良さは変わりませんので、皆様気軽にお立ち寄りください。たった一部屋でも、引越しは疲れますね。この際、不要な書籍を処分しようと思ったのも間違いの元でした。雑誌を捨てるのはあまり躊躇がないのに、本は、もう読むはずはないとわかっていても、何か捨てがたい。何故でしょう??
# by n_shioya | 2019-11-11 20:16 | コーヒーブレーク | Comments(0)
愛の歴史
b0084241_23055093.jpg
ジャック アタリの「愛の歴史」を読み返している。動物界での雄、雌の誕生に始まり、原始人の男女の繋がりへと話は進み、結婚制度への発展、一夫一婦制度の確立へと展開する。そして並行して進んだ恋愛結婚の誕生から、先ごろの結婚制度の崩壊へとジャック アタリは鋭く切り込む。そもそも性行為は子孫を残すためのもの。それが人類においては性愛すなわちエロスに発展し、やがて愛は独立しアガペと呼ばれるようになる。個体維持の本能としての食欲と同じレベルの種族維持の本能のはずのセックスは、社会規範や倫理観を巻き込む複雑な人間の営みとなってしまった。ま、何を言いたいのか自分でも定かではないが、ここしばらくはこの問題と格闘することになりそうだ。
# by n_shioya | 2019-11-10 23:06 | コーヒーブレーク | Comments(0)
リチーネコンチェルト
b0084241_20464149.jpg
今日はミューザ川崎で「リチーネコンチェルト」を聴いてきました。奥村浩樹のテノールリサイタルで、ピアノは鵜戸西到。前半はカンツォーネなどの小曲。後半はアリア特集。熱演でした。テノールはただただ美声を楽しむものですね。
# by n_shioya | 2019-11-09 20:47 | 医療全般 | Comments(0)
コートルード美術展
b0084241_10325256.jpg
コートルード美術展を観てきた。素晴らしいコレクション。特にセザンヌとルノワール。その存在すら知らなかった、数ヶ月前までは。
# by n_shioya | 2019-11-09 10:33 | 美について | Comments(0)
ブロムシュテット
b0084241_22255468.jpeg
学会と重なり、続けてお休みしたので、久しぶりのN響の定期公演。指揮はブロムシュテット。曲目はベートーベン:エロイカシュトラウス:死と変容ワグナー:タンホイザー序曲ブロムシュテットは僕より4歳上の1927年生まれ。矍鑠たる92歳だった。
# by n_shioya | 2019-11-07 22:26 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム