人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
ピカソ展
“天才と狂気は紙一重”とはよく聞く言葉である。
ピカソは天才ではある、が狂気ではない。
あえて言えば兇暴ということになるだろうか。
ピカソにとって描く対象とは、どのような意味を持つ存在であったのだろうか。
あまりにも従来の絵画とかけ離れた創造物を前にして、僕は困惑している。

実は今日、六本木で開催されている、パリの国立ピカソ美術館の展示を見てきたところである。
現地でピカソ美術館はすでにで何回も訪れているし、その他のピカソの作品もほとんどが見慣れたものの筈である。
だが今日は疲れ切ってしまった。

ピカソに翻弄されて、打ちのめされたと言ったほうがいいかもしれない。
青の時代、ローズの時代そしてキュウビズム。変幻自在である。
そしてまた、女性関係の複雑さも、常人の耐えるところではないだろう。
それがそのままキャンバスに残酷に描き出されている。
とりわけ強烈なのはドラ・マールマリー・テレーズとの女の闘い。
疲れるわけだ。

配偶者は言った。
“次回はレオナール・フジタ展に行きましょう、心の安らぎのために”
僕は一も二もなく賛成した。
by n_shioya | 2008-12-11 23:10 | 美について | Comments(8)
Commented by きのこ組 at 2008-12-12 00:34 x
天才と狂気は紙一重。。。ここで言う狂気とは”自閉症(Autistic)"の場合が多いのでは?
Commented by ★レーシック不要!視力回復法! at 2008-12-12 08:04 x

おはようございます

お体に気をつけてお仕事がんばってください

寒い日が続きそうですね

更新を楽しみにしてます。

また来ます(^O^)/
Commented by tetsumon59sotu at 2008-12-12 13:26 x
つい、先生のブログにおじゃましてしまうようになってしまいました。形成外科は医学でもっともartisticな分野なのですね。今まであらためて考えたことがありませんでしたが、先生のように絵画にご興味のあるかたが多いのでしょうか。
Commented by 安凛 at 2008-12-12 15:00 x
美術館へ参りますと私は殆どヘトヘトになります。。子供の頃、絵の恩師に、私は美術館へ行くといつもとてもとても疲れて困るのですと申しますと恩師は、作者の作品に込めたパワーによるものだ”と言われました。しかし私の場合その疲れは、、大病院の待合で一日の殆どを過ごし、時おり行き交う人々に目を向け回想し、一方で常に時計と診察室の扉相手に念を送り続けて無駄に疲れきる時と同じ疲労感なのです。。美術館は好きな場所だと思ってるんですが、、違うという事になるのでしょうか。。?
Commented by n_shioya at 2008-12-12 22:47
きのこ組 さん:
サーキャスティックにいえばオーティズムもあるでしょうね。
だが、実際には躁病のほうが近いかも。
Commented by n_shioya at 2008-12-12 22:48
★レーシック不要!視力回復法!さん:
ぜひまたおいでください。
Commented by n_shioya at 2008-12-12 22:50
tetsumon59sotuさん:
どういうわけ会社には趣味人が多いようですね。
もっと本業に励むべきなのか、会社人間と違って自由度に恵まれているからか。
ちなみに形成外科医は、欲求不満のアーティストとも言われています。
Commented by n_shioya at 2008-12-12 22:53
安凛さん;
元来絵画は好きなものを一、二点家に飾ってゆっくり眺めるもので、美術館に羅列されたものを一挙に見渡す方が不自然なのかもl知れません。


<< 終の棲家 古き良き時代 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム