人気ブログランキング |
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
メール医療相談の悩み
b0084241_2124926.jpg

僕は今二つの医療サイトでカウンセリングを設けている。
ひとつはアンチエイジング・ネットワークで今ひとつは創傷治癒センターだ。
両方で日に5件から多いときは10件ほどの質問が来るが、なるべくその日のうちにと思うがチョッと油断すると、20件ぐらいすぐ溜まってしまう。

前者では肌のアンチエイジングに関する問い合わせ、後者では傷跡に関する相談が多いが、匿名の気安さか、いろいろなタイプの質問が舞い込むので、面食らうことも多い。
中にはケータイ感覚で、“チョッと怪我しちゃったんだけどさあ、どうしたらいいの。すぐおしえて。”などと、作法を知らないというよりどこのどんな怪我だかもわからないので、答えよう無いものもしばしばある。

だが大方は結構真剣な問い合わせで、何とか満足のいくお答えをと努力するが、すぐメールでの回答の限界にぶち当たってしまう。
まず、肌の悩みにせよ傷跡にせよ、拝見しないでものを言えばどうしても一般論になってしまう。
たいていの質問者は、一般論はとうに承知で、その上で自分の場合はどうかと知りたいわけである。
そのためよく聞かれる質問をFAQとして載せているが、やはりもっと具体的なことが知りたいようである。

また、多くの場合は既に主治医が存在する。
そちらのほうが実際に診察しているのだから、こちらより有利な立場にあり、その意見を尊重すべきである。
もし、いわゆるセコンドオピニオンということなら、通常主治医の了解の下、主治医からの資料も拝見しないと、お役に立つ答えは難しい。

そこで結局は質問者の住まいになるべく近い適当な専門医をご紹介するか、東京近辺の方なら当方のクリニックにおいでいただくことになる。

だが、あまり特定の医師やクリニックに偏ると物議をかもすので、今試みているのは安心して紹介できるクリニックを網羅した全国マップ作りである。
質問者がこれを見て、地域別にまた専門別にご自分で複数の候補から選べるようにしたいと思うが、これまたなかなかの難事業である。
医者と患者の相性もあるし、また腕のほどは評判だけではわかるものでなく、かといって診療なり、手術をいちいちこちらが検分させていただくわけにも行かない。
また、レストランやエステと違って、チョッと覆面で試してというわけに行かないのが、ミシュランとは違う医療機関の評価の難しさである。
b0084241_21254512.gif

by n_shioya | 2013-04-21 21:26 | 医療全般 | Comments(0)


<< 身近なアンチエイジング第一回 「五木寛之のこころ・と・からだ」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム