人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
消毒剤は使うな??
医療もファッションと似たところがある。
女性のスカート丈と同じように、あるサイクルで上がったり下がったり、流行り廃りがあるからだ。
ファッションと違うのは、10年から20年と多少サイクルが長いのと、医者は女性ほど時流に敏感でないというか勉強家でないので、全員いっせいに其の時の流行になびくと言うわけでもない。
だが、一つの問題はそのために医師によって流行のサイクルのずれがあり、複数の医師の意見が同時期でも食い違いを生じ、患者が、いや医師でも専門外のことに関しては、複数の意見を聞けば聞くほどわけが分からなくなることがあるのはこのためである。
又、スカートと違ってサイクルを繰り返しながら、徐々に上昇、詰まり「進歩」して行くことだ。少なくもそう思いたい。
例えば僕の関わる「キズのケア」の分野でも、最近の進歩は目覚ましい一面、未だ一般に普及してないか、また医者の間でも意見が分かれる問題がないではない。
この混乱の一つが傷の消毒の是非である。
そもそもリスターが19世紀に石炭酸による消毒法を提唱して、手術後の感染や産褥熱は劇的に減少した
だがそれが行き過ぎてヤケドのキズにも乱用され、ヤケドをかえって深くし、死亡率が高まった時期がある。
其の反省で消毒剤の使用にブレーキがかかり、最近では通常の傷は水で機械的に洗浄するのがベストと言われるようになった。
ヨードチンキなど、人体の正常細胞に障害を与えるのでとんでもないと言うわけだ。
そして、消毒剤は絶対に使うなという極論を唱える者まで現れた。
消毒剤は使うな??_b0084241_22171578.gif

だが最近では、皮膚や創面は完全に無菌と言うことはありえないので、場合によっては多少の制菌剤(菌の繁殖を抑える)は必要ではと言われ始めた。
ただ、決して石炭酸時代に後ずさりしているのではない。
其の上を行く、遥かに優れたレベルの制菌法へとサイクルは向かっていると考えたい
by n_shioya | 2014-01-17 22:17 | キズのケア | Comments(0)


<< グローバリゼーションの正体 キケロの知恵 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム