人気ブログランキング |
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
幹細胞とは?
先日ある方から、幹細胞の選別の器械について聞かれたとき、いささか茶化したお答えをしてしまったので改めて説明をさせて頂きます。
“幹細胞を選別する器械が出来て、それを使って幹細胞を注射すれば全身が若返る”という話を聞いたがと言う事でしたね。

①幹細胞とはそれが分化して臓器を造るもとの細胞で、いろいろなステージがあります。それぞれの臓器にはその元となる幹細胞が存在して、分化しながら臓器を造ります。ステージというのはその分化の程度と考えていいでしょう。最も未分化かの細胞はそれから個体にまで分化形成するもので、胎生幹細胞(ES)と言われます。iPS細胞はこれとほぼ同等と言えます。
その中間に、脂肪や骨髄に存在する色々な臓器に分化しうる幹細胞が存在します。通常細胞の選別の機器は、このステージの細胞に使われます。
b0084241_23583815.jpg

従って、どのステージのどの臓器の幹細胞を選別するかによって器械も異なります。
②現時点で臨床的に使われる幹細胞は、去年話題となった加齢黄斑変性に使われたiPS細胞(フォト)を含め、未だ限られています。
③美容医療の分野で使われる培養繊維芽細胞は広い意味で再生医療とは言えますが、幹細胞というわけではありません。
この辺りから、再生医療そして幹細胞の定義の問題が絡んできます。

というわけで、始めにお話を聞いたとき、幹細胞、選別機器そして美容医療を都合よく繋げてストーリーを作った、器械を売る為の「セールストーク」と感じられたのです。

ちなみにこのようなシナリオ作りは、論文でも屢々観られます。これはデータねつ造よりも見破るのが難しく、悪質なものとも言えます。
by n_shioya | 2015-04-01 23:58 | 再生医療 | Comments(0)


<< オープンエアドライビングの醍醐味 エイジングスタイル開店のお知らせ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム