ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
「婦人科問題の様々」
b0084241_2252247.jpg


今日は相模野病院に上坊先生をお尋ねした。
エイジングスタイル・マンスリーのインタビュー記事のためである。
上坊先生は婦人科腫瘍の第一人者で、僕も現役の頃から今に至るまで、いろいろお世話になっている。
最近の婦人科現状に関する質問に、先生らしくテキパキとお答えくださり、わずか2時間で素人の僕をアップデートしてくださった。
まず、昔は子宮ガンの9割が頸部ガンだったが今は逆転し,体部ガンが増え続けている。
子宮頸がんワクチンの有効性はわが国でも大方の医師が認め、世界中で実施られているのに、わが国ではマスコミのバッシングに行政も及び腰で、受ける人が皆無に近いのは嘆かわしい。
40歳を目前に、慌てて妊活を始める方が増えているが、いささか手遅れである。卵子の加齢や、その他諸条件を考えると、せめて35歳までに配慮してほしい。
ホルモン補充療法はほてり、発汗など急性期の更年期症状には有効で、また、骨粗鬆症予防に著効があるので、もっと活用してほしい。
など、など、など・・・
[PR]
by n_shioya | 2016-10-06 22:52 | Comments(0)


<< 見た目年齢とは? 「川上先生米寿おめでとう!」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム