ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
癒しの空間の創出
現役時代は手術がメインだったので、今考えると外来はいささかはしょり気味だった。
3時間待たせて3分の診察。決して自慢できることではない。
だが、今度始める診療は「美容外科110番」と「見た目のアンチエイジング」。つまりメインはコンサルテーションというかカウンセリング。
昔と違って「じっくりと話をお聞きする」ことから始めたい。
そして診察室も居心地のいい空間となるよう、クリニックの皆さんも知恵を絞ってくださっている。
まずは色彩。無機質の白ではなく、柔らかい茶系統。ピンクという考えもあるがいかがなものでしょう。ここは「カラーセラピスト」と相談中。
そしてアロマ。気持ちを和らげるアロマもあるそうなので、これも「アロマセラピスト」のご意見を伺って。
BGも大切です。認知症に効果が有るという「凛舟」という機器の導入を考えています。
できれば「パソコン」や「電話」はご遠慮願って、代わりに「盛り花」などどっしり飾りたい。
b0084241_20585349.jpg

つまり一言で言えばフォトのような機能一辺倒な診察室ではなく、なんというか、「癒しの空間」を創出できればと思っています。
皆様のアドバイスををお待ちしてます。
[PR]
by n_shioya | 2016-10-09 20:59 | 医療全般 | Comments(0)


<< 限りなく豊かな蕎麦どころ 「美容医療110番」 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム