ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
男の人生は競馬レース
b0084241_22051580.jpg
次に取り上げたい「幸いの敵」は「競争」である。現代の子供達は生れ落ちるとから競争社会に投げ込まれる。幼稚園のお受験に始まり、次々に待ち受ける受験競争を勝ち抜いてやっと就職すれば、企業もまた役職に登るほどに数が絞られる「ピラミッド社会」である。そもそも「試験」にはふた種類ある。一つは選抜試験。今ひとつは資格試験。例えば医学部に入いれるのは、一定数に限られているので選抜試験である。これに反し医師の国家試験は、あるレベル以上なら合格する資格試験である。後者なら自分だけの努力で他人は関係ないが、前者は他人と張り合い、蹴落とすことになる。こうして男は生まれついててから定年まで、ほとんどの職業でちょうど競馬馬のように、競争の毎日を過ごす宿命がある。もちろん競争がただ悪いと言ってるのではない。そのために意欲が湧き、実力が発揮される面は否定できない。そして定年となり仕事から離れると、張り合う必要がなくなったことにまずは戸惑を感じるかもしれない。競馬馬からレースを奪ったら、馬は生きてる意味をなくすが、人はそうであっては困る。これは素晴らしいことなのだ。企業の論理から解放され、自分の価値観で生きることができるからだ。そして相手の失点が自分の得点となるゼロサムゲームではなく、相手の幸せが自分の幸せというウインウインの関係も可能になってくる。レーストラックから一歩外へ出れば、周りは花園である。花を愛でるもよし、散策するもよし、現役で疲れた体と心を休めれば、新たな人生のプランがふつふつと沸き起こってくるのではなかろうか。
[PR]
by n_shioya | 2018-08-22 22:05 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 最後の晩餐 ストレスと疲れ >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム