ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
再び幸福について
b0084241_16410365.jpeg
なぜ僕はこうも幸せにこだわるのだろう?よっぽど不幸せなのでは、と勘ぐられるかもしれない。決して不幸せではないが、とびきり幸せというわけでもない。ま、ほどほどというとこか?僕は“人間という生き物”にとても興味がある。つまらぬことに怒ったり、喜んだり。崇高なことを言う割には、おぞましい行為に及んだり。なんか矛盾だらけだが、愛すべき存在でもある。動物と神の間をウロウロしてる感がないでもない。その人間の行為の全てを「人間の営み」と呼んで、僕は愛おしく思う。その営みのそれぞれを追求していくと、必ず「幸福」に突き当たる。ここで腹を据えて、その幸福を徹底追及しようと思った次第である。だが、相手は一筋縄ではいかない。捉えたと思うとするり抜けたり、息を止めたりする、ちょうど「青い鳥」のように。そこでまず、「幸福感」という切り口で迫ることとした。すると色々なキーワードが浮かんでくる。まず、「安らぎ」。そして「達成感」と「期待感」。そして物事に熱中している状態、「夢中」とでも呼ぼうか?「心地よさ」も忘れてはいけない。「充足感」もあげても良いのでは。人に評価された時の喜びはこれにはいるだろうか。そして他人とある一つの漢字をシェアできた時。これは「共感」と呼ぼう。さて今後の課題は①これらの「幸福感」をもたらすものと支えるもの。②「幸福」を妨げるもの。③「幸福」の加齢による変化とアジャストメント。壮大な課題であるが、高齢者のQOLはすべからくこの解明にかかっているのではなかろうか。
[PR]
by n_shioya | 2018-09-15 16:41 | コーヒーブレーク | Comments(0)


<< 日本精神対話学会 幸福をもたらすもの >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム