人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
悲しい外科医の性(さが)
職業柄外科医は食事が早い。その点では僕も人後に落ちない。
朝食事をしたら、次はいつ食えるか、昼食は手術の合間に数分でかっ込んでしまうのはサバイバルのため、身についた習慣である。

秘書嬢が僕の仕事を手伝うようになってから、早食いが習慣となり、皆と食事すると一人だけ早く終わってしまい恥ずかしくて、と文句を言われた。
だが数日前皆との会食のとき、気がついたら彼女のほうが僕より早く終わっていた。
だからこれは僕のせいではなく、彼女の天分であろう。

今ひとつ外科医の癖は、何事でもデッドラインを決めて、それから逆算してなんとしてでも間に合わせてしまうことである。
そのために要求されるのはスピードだけでなく,不必要なものぱっぱと切り捨てる潔さである。

その点内科医は逆である。まず必要そうなことから順次組み立てて、納得できるまでひねくり回しているから、いつ結論が出るかは余人のうかがい知るところではない。

これは方法論も違い、又目的とするところも同じでないから、一概に優劣は言えないが、お互いに自分たちのやり方が正しいと信じ、相手方のやり方は軽蔑する習わしになっている。

その点でも典型的な外科医の僕だが、最近あることがきっかけでいささか偏見が是正された。
スローライフという言葉がそのきっかけである。
この言葉には何かほっとさせる響きがある。

生まれてこの方、いつも何かに追われていたような気がする。広く言えばデッドラインという奴だ、そしてその為の準備と。

だが定年になり、子供たちも皆結婚して家を離れ、まだしたいことはいくらもあるが、どれもいつまでに仕上げなければならぬものでないし、又新たに準備が必要なものでもない。
しいて言えばこの先避けられないのは、永遠の眠りだけである。
だがこれは向こう様のお迎えで、こちらがデッドラインを決められるわけでない。

この期に及んで何をあくせくするのだろう、まだ外科医の習性の虜なんだな、お前は。これからは内科医?スタイルスローライフをと反省しているところへ、秘書嬢が入ってきた。

“先生、来週のご予定の調整をお願いします。”
“ふむ、じゃあこれとこれを入れ変えて、これはキャンセルし、この講演の準備をこの週末に・・・”と、一瞬にして又外科医に戻ってしまった。

哀れむべきは外科医の性(さが)である。
by n_shioya | 2006-09-14 16:46 | Comments(0)


<< アイソラジェン 感じるということについて >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム