人気ブログランキング |
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
徳田虎雄とALS
徳田虎雄がついにカミングアウトした、ALS患者として。
筋萎縮側索硬化症、通称ALSの患者の会に姿を現したと新聞に報道された。
車椅子で、気管切開のため自分では話せず、原稿を代読させたという。

4年前、彼がこの病に犯されたことはもれ伝え聞いた。病状の進行は早く、まわりではすでにXデーまでささやかれていた。が、公にはされていなかった。
原因不明のこの病気は随意筋が徐々に麻痺して最終的には呼吸もできず、目を動かすことすら不能になる、つまり意思表示も不可能になるが、最後まで脳の働きは保たれるという恐ろしい病気である。
昔アメリカの野球選手、ルー・げーリックがかかり有名になり、別名ゲーリック病とも呼ばれる。
物理学者ホーキンスの疾患もこれである。

徳田氏とは徳州会創立以来の付き合いである。
ある日突然彼は僕が赴任早々の北里大学まで人買いに来た。
どうだ徳州会に参加しないか、という誘いである。
何故といぶかる僕に、“俺はね、アメリカ帰りでうだつのあがらない奴を一本釣りしているんだ”という。
うだつはあがらないかもしれないが、まだ北里に移ったばかりなので、と丁重にお断りしたが、なんとなく気が合って交友が始まり、医局員もお世話になるようになった。
“俺は天才的なアジテーターだ”と豪語したとおり、惰眠をむさぼる日本医師会に揺さぶりをかけ、二十年ほどで日本全国に徳州会という病院網を張り巡らした。

はじめに述べたようにALSの恐ろしいのは、進行すると手足だけでなく随意筋のすべてが麻痺して、意識は保たれているのに、意思表示が出来なくなることである。
又呼吸もままならなくなり、肺炎を併発しやすい。通常なら気管切開を必要とするような状態に陥ったとき、延命処置をすべきかどうか治療に当たる側は、植物人間の場合以上に苦しい立場に追い込まれる。全身が麻痺してかろうじて意識だけが残った状態が本当に望ましいかどうかという悩みである。
そのため通常は意思表示が可能なうちに、気管切開による延命措置を望むか否か、本人の意思を確認しておく慣わしだという。

徳田氏はあくまで生き続けて、徳州会を育てる道を選んだようだ。
by n_shioya | 2006-11-30 21:12 | QOL | Comments(0)


<< アンチエイジングネットワークを... 院長代理 >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム