人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
キリストの割礼
キリストの割礼_b0084241_1611626.gif

そう昨日書き忘れてしまった、大事なことを。
灘万の後、親父のところに行く前に、教会でミサに与かった。
え、カトリックにも元旦が?
いや違います。キリストの割礼の記念日なんです。
割礼
ああ、そのお、包皮に割を入れる、つまりそのお、いや有体に言うと、包茎の手術ですな。
ユダヤの男なら誰でも受けている、要するに昔からユダヤ民族が神との契約の印に行ってきた儀式ですよ。

キリストもそのしきたりに従って、生後一週間で包茎の手術、いや失礼、割礼を受けたので、クリスマスからちょうど一週間経った元旦が、その祭日ということになる。

包茎の話はともかくとして、忘れてならないのは、キリストユダヤ人だということだ。
ユダヤ民族は聖書の伝えを信じ、救世主を待ちわびていた、自分たちを異教徒の支配から解放してくれるはずの。
ところが彼らにとってキリストが期待はずれと言うか、ユダヤ教にそむく振る舞いをしたと感じ、十字架に貼り付けてしまった。
しかし実際には、キリストの教えユダヤ教の教えに基づいている。新約聖書キリストも、旧約聖書の延長線上に存在することを忘れてはならない。

ややこしのは、旧約聖書ではユダヤ民族の救い主だったキリストが、新約聖書の時代には全人類の救い主に変貌したことである。この辺の移り変わりが、不勉強の僕にはまだ良く理解が出来ていない。
そしてキリストはユダヤ人であったのに、後世のキリスト教徒たちがユダヤ民族を迫害し続けたというのも、分かるようなわからぬような、どっちもどっちといえる複雑怪奇な悲劇である。

いずれにせよ、ブログで軽々に論議すべき問題でないことは確かだ。
by n_shioya | 2008-01-03 00:08 | QOL | Comments(0)


<< 誰が正月を殺したか あけましてオメデトウございます! >>


woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム