人気ブログランキング |
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
2011年 01月 05日 ( 1 )
20世紀美術
昔親父の友人にYさんという画商が居た。
その経営する画廊はT画廊といって、抽象絵画ではリーダー格だったと聞いている。
Yさんは次から次へと「近代絵画の傑作」を持ちこんでは、芸術を介さない親父に、「下らん、持って帰れ」と追い返されていた。
ま、抽象絵画に関しては、今の僕も似たような理解度ではあるが。

あるとき親父は、精神病患者の描いた落書きのような絵と、抽象画家の描いた似たような絵を二つ並べ、“どちらがいい?”とYさんに聞いたところ、躊躇なく患者の絵を選んだといって、鬼の首をとったように喜んだのを覚えている。

大方の日本人と同じで僕の鑑賞眼も印象派か、せいぜいで一部のエコールドパリどまりだが、一旦抽象芸術に晒されるとやはり無視はできない存在となる。
具象の方が馴染み易いが、何かそれだけでは物足りない、というのも正直なところだ。
そこでこの分野の権威、高階秀爾氏に教えを請うことにした。
名著、ちくま学芸文庫の「20世紀美術」である。
b0084241_2182568.jpg

氏によれば、すべては写実主義の破産から生じたという。
「写実主義の破産という歴史的事実の持つ意味は、それが単に絵画の表現法をすっかり変えてしまったということだけにはとどまらない。その結果として、芸術がそれまで自己の拠りどころとしていた基準を失ってしまい、あらためて自分の立つべき基盤を探し求めなければならなくなった点にいっそう大きな意味がある。つまり、何を描くべきかという問題の代わりに、いかに描くべきかという問題がクローズアップされたことは、その必然の結果として、何のために描くべきかという問いをもたらしたのである。」

なるほど。
同じことは音楽についても言えるのではなかろうか?
12音階だの、ミュージック・コンクレートと称するものなど、造るのは勝手だが、なにも無理して観賞することはないと開き直ることにした。
抽象芸術をありがたがるのもそれは当人どもの勝手だが、それを判じものと困惑し、カオスと切り捨てる常識的な立場も許されてしかるべきと思う。
by n_shioya | 2011-01-05 21:09 | 美について | Comments(4)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム