人気ブログランキング |
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
カテゴリ:コーヒーブレーク( 1727 )
逆説の日本史
b0084241_21374212.jpg
今回の熱傷学会の最大の収穫はやはり特別講演だった。井沢元彦氏の「逆説の日本史」である。実は僕は井沢氏の著書は初めてである。今日のお話もそれに基づき、なるほど、こういう見方もあるのかと、目からウロコの思いだった。ケガレ忌避信仰「和」の精神怨霊信仰言霊信仰朱子学という「宗教」いちいち思い当たる節がある。実は井沢氏とは何十年か前、江戸川乱歩賞を受賞された時、八ヶ岳の山小屋でバーベキューとビールでお祝いしたことがある。それ以来で、久々のご対面だった。
by n_shioya | 2019-05-23 21:38 | コーヒーブレーク | Comments(0)
鎌倉で御ミサとTボーンステーキ
b0084241_21232965.jpg
今日は孫娘と一緒に鎌倉の雪ノ下教会で御ミサに与る。何故、土曜日にわざわざ鎌倉まで?鎌倉はいつ来ても好いのと、ミサで日曜日を潰したくないという不届きな信者だからだ。ちなみに我々が属する山手教会には土曜日のミサがありません。ミサの後は葉山海岸を南に下って、秋谷の砂浜に建つレストラン・ドンで夕食を。あいにくと雲が出て、お目当の落日は観れなかったが、孫娘はボリュームたっぷりのTボーンステーキに大満足。
by n_shioya | 2019-05-18 21:24 | コーヒーブレーク | Comments(0)
その場所で生まれる建築
b0084241_22202725.jpg
学会の魅力の一つは全く別の分野の専門家の特別講演であり、会長の好みが反映される。今回の圧巻は建築家小西彦仁氏のお話だった。「その場所で生まれる建築」と題して北海道の自然をフルに生かした作品群が展開された。羨ましいですなぁ、北海道の自然とスペース。東京の住宅事情を考えると絶望的になる。
by n_shioya | 2019-05-16 22:21 | コーヒーブレーク | Comments(0)
プラセンタ研究会と母の日
b0084241_23073713.jpg
今日は昼間はプラセンタ研究会。プラセンタは不思議な物質である。その作用機序はよくわからないが、何か効果はあるようだ。僕自身先週から体験中である。そして夜は母の日を口実に、塩谷ファミリー大集結。日本在住のメンバーが全て揃うのは一年ぶりか?ちょうど二人の孫の誕生祝いも便乗。
by n_shioya | 2019-05-12 23:08 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ショスタコーヴィッチ
b0084241_23111292.jpg
今日はサントリーホールでN響の定期公演。演目はショスタコーヴィッチ。正直あまり馴染めない。お休みなさい。
by n_shioya | 2019-04-25 23:11 | コーヒーブレーク | Comments(0)
そうだ京都、行こう
b0084241_21451564.jpg


「そうだ京都、行こう」突然、猛然と京都に行きたくなることがある。その京都とは僕にとっては、洛北の詩仙堂であり、嵯峨野の落柿舎である。そして今、松本清張の「京都の旅」を読みふけっている。ここで取り上げらえている名所、旧跡は皆馴染みふかい箇所ばかりだが、清張の筆は独自の謎解きに溢れ、誠に興味深い。
by n_shioya | 2019-04-24 21:45 | コーヒーブレーク | Comments(0)
箱根は大人の遊園地
b0084241_21001992.jpg
昨夜はゆっくり箱根の湯に浸かって、今日はガラスの美術館で昼を過ごし、西湘バイパスを使って湘南の海を楽しんで帰宅した。ガラスの美術館だけでなく、箱根には星の王子様、ラリック美術館、彫刻の森などテーマパーク的なものが多く、芦ノ湖や富士山以外にも大人にも楽しめるところが多い。そう、ポーラ時美術館などそのコレクションはどこにも劣らない。ガラスの美術館の楽しみは素晴らしいベネチアグラスの展示販売の他に、折々に催されるホールでの音楽会である。ガラスの音楽会や、馬琴など普段聞けないコンサートが楽しめる。そして今日は庭園内のカフェレストランのラ・カンツォーネで来日中の歌手のカンツォーネをたっぷり。帰路は海を眺めながら一路西湘バイパスを東へ。七里ヶ浜のアマルフィに車を止めてパスタランチを。この海岸道路はいつも渋滞で、しかも店の駐車スペースは3台分だけ。いつもなかなか停められません。
by n_shioya | 2019-04-15 21:01 | コーヒーブレーク | Comments(0)
棕櫚の日曜日
b0084241_21055820.jpg
来週はイースター(復活祭)である。カトリック信者にとってはクリスマス以上に大事な祭日。キリストの復活がクリスチャン信仰の根幹だからだ。その一週間前はその準備の総仕上げの「棕櫚の日曜日」。これもキリストの最後のシンボルでもある。というわけで今日は鎌倉の雪ノ下教会で御ミサにあずかった。由比ヶ浜に足をのばせば、相模湾は夕日に輝く。葉山マリーナの2階に上がり、中華料理の青羅で広東料理を楽しむ。 
by n_shioya | 2019-04-13 21:06 | コーヒーブレーク | Comments(0)
リバプール、最後の恋
b0084241_23284694.jpg
今日はまた映画鑑賞。恵比寿ガーデンシネマで「リバプール、最後の恋」落ち目の大女優と無名の若手俳優の運命的な出会い。実話だそうである。なかなか見ごたえのある映画だった。本人が癌をそこまで隠すという設定に多少の違和感があったが、3、40年前の物語なのでやむを得ないかもしれない。ランチはもう定番となった劇場隣のイタリアン、ジュリエッタでパスタ・ピザランチを。
by n_shioya | 2019-04-11 23:29 | コーヒーブレーク | Comments(0)
人は皆お天気屋
b0084241_22530090.jpg
数日前、体調を崩して落ち込み、人間というのは気分によってどうにでも変わる動物と改めて思った。気分が感情を作り、さらには判断、意欲まで影響する。気分が落ち込むと世界が、そして未来まで真っ暗になる。何をするにも億劫になる。反対に気分が優れているときはすべが麗しい。やる気満々である。移り変わりの激しいお天気のようだ。気分の移り変わりが激しい人を「お天気屋」というのもムベなるかな。でもこれでは相手を不愉快にするのではと、落ち込んだ気分に鞭打って、微笑みを作り、明るい声を出してみる。じゃ“顔で笑って心で泣いてるのでは”と言われそうだが、必ずしもそうとは言えない。不思議なことに自分の心まで明るくなってくるのだ。皆さんもご経験あるでしょう。
by n_shioya | 2019-04-07 22:54 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム