人気ブログランキング |
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
廊下トンビの怒り
b0084241_9451158.jpg今一冊の本を前にして、僕はどこまで本音を語ろうか迷っている。
その本とは「霞が関の逆襲」で、著者は皆様よくご存じの江田憲司氏と高橋洋一氏である。
まだ読み始めばかりである。
だが云わんとしていることは分かっている。それだけに読むのが怖い気もする。
つまり日本の政治、行政は癌に侵されている。しかも体中に転移している。その癌とは官僚支配である。

昔僕は゛廊下トンビ”という役を長年やらされてきた。
学会のため、大学のため、予算を獲得し、場合によっては法律改正まで持ち込まねばならぬ大仕事である。
そのために、官庁の廊下を飛び回る役は、“廊下トンビ”と呼ばれていた。
これを40年やらされれば、官僚の哀れな生態は実によくわかってくる。
哀れというのは、もしひとかけのプライドでもあったら、異物反応で生きて行けないないのが官僚であることが、いやというほどわかったからである。

「霞が関」で最優先するのは「村の掟」である。
その具体例や、それに守られ横行している悪弊の数々は、おそらく前掲の著書にあふれているだろうし、このブログでもおいおい取り上げたいと思うが、まず国民が捨ててほしいのは、官僚は国家のため、国民のためを考えているという幻想である。

国民のためなどと本気で言ったら、はしたない、の一言でかたずけられるのが霞が関である。
そして官僚は絶対に責任を取らない。
そして税金は国民のものという考えは一切ない。すべて自分の金で、いかにそれで他人をというのは政治家を含め、コントロールするかということしか考えない。
それでなければバブル崩壊、年金の振り込め詐欺、公文書偽造等々、あれほどのチョンボというより、詐欺まがいというより、明らかな犯罪行為を犯しても、だれも処罰されないではないか。

だが官僚個人を責めるのは酷かもしれない。
村の掟が彼らに、自己保存と増殖、権力への病的な執着、そして人を蹴落としての出世を価値観として要求する。
そのためにはどんな破廉恥な言動でも、鉄面皮に押し通す勇気が、村の生活で涵養される。
官僚制度は日本の進歩に立ちはだかる巨大な壁である。しかも国に巣食うシロアリの群れである。

これを改革するには、官僚自身が恥を知り、他人を思いやること、つまり自己改革を始める以外にない。
この制度によっていかに自分の人間性が腐食されてきたか、思い直してほしい。
奴らだってなにも好き好んで、恥をさらし、人間性を削っている訳ではないと思う。

そのための手立ては?
That is a question!
by n_shioya | 2008-10-21 22:53 | コーヒーブレーク | Comments(4)
僕はナメクジウオだろうか?
久しぶりにロータリーの例会に出席した。
会場が京王プラザホテルなので、隣のビルの城西クリニックにいたときは、ちょっと昼に抜け出すことができたが、銀座に移ってからは片道30分の渋滞になるので、つい足が遠のいてしまった。
だが、抗老化には人との交わりが大切、しかも毎回の「卓話」は脳細胞の活性化に有効に思えるので、またこれからなるべくまた参加しようと決心したのである。
きょうの「卓話」は東京大学海洋研究所の窪川かおるさんの「ナメクジウオ」のお話だった。
b0084241_950129.jpg

b0084241_9501582.jpg

ナメクジウオって、それ何?

窪川さんのお話だと
ナメクジウオ脊椎動物の起源を調べるために進化上の重要な位置にある動物です。
背骨がない無脊椎動物ですが、脊椎動物の個体発生の初期にだけ出てくる脊索を終生もち、脊索が脊椎に置き換わることはありません。神経組織も脊椎動物を簡単にしたような構造をとり、脊椎動物の祖先に似ていると考えられてきています。”

平たく言うと背骨はないが、脊索があるので軟体動物でもない、つまり脊椎動物である人類の祖先かも、ということになる。

よく僕は穏やかだとか、円満だとか言われることがあるが(それはあまり僕を知らない方々である)、別の見方をすれば、自分の考えが無く、無いわけでもないがあまり主張しない、つまり“背骨”がない男ということらしい。

ま、この自己主張の錯綜した迷路のような日本社会に生きていくためには、なまじ背骨などに邪魔されないほうが、クネクネ遊泳できて楽だとは思うが。
つまり僕は、ナメクジウオに退化してこれまで生き延びてきたのかもしれない。

とまれ、いろいろな方の研究のお話を聞くのは大変興味深く、アンチエイジングの良い糧となった。
by n_shioya | 2008-10-20 22:42 | コーヒーブレーク | Comments(8)
今度はパソコン
このところご難続きである。車の次はパソコンだ。
夕べから急にE-メイルが送受信不能になってしまった。
やがてアウトルックそのものが開かなくなってしまった。
インターネットは使えるが、ほかのパソコンでも通信不能だので、サーバーの設定にトラブルがあるようだ。
僕にできるのはそこまでの推論で、あとはライカの親切な美女軍団の御助けを借りなければならない。つまり明日までは音信不通である。

そもそも僕は機械に弱い。パソコンなど一生持つまいと決心していた。それがいったん使い始めると便利さには勝てず、しかも面白いもので筆不精の僕でもメールがくるとすぐ返信をクリックして、キーをたたき始める。
しかも、自分でも読めない字しか書けない男でも、プリンターにつなげばパソコンはきれいな書体で打ち出してくれる。
挙句には、“メールアドレスを持ってないやつは、俺にとっては存在しない”など不遜なことを口走るまでになった。
その罰があたったのかもしれない。
逆に自分が世間から見放されたようなやりきれない不安を抱えて、せっかくの日曜日というのに、落ち込んでしまっている。

こんなことでくよくよするのが、最もアンチ・アンチエイジングなことはよく分かっている。
だが、僕は子供の時から心配性取り越し苦労の多い男だった。
おふくろも心配性だが、用心深く先手先手と準備を怠らない。
僕の場合は、だからと言って先に手を打つこともせず、ただウジウジとすくんでいるだけだった。
ある時、業を煮やしたおふくろに、“そんな取り越し苦労だけしてると禿げてしまうわよ、”とどやされたことがある。
その晩、風呂に体を浸しながら、ああ、これで頭の毛が抜け始めたらどうしよう、とさらに落ち込んでしまった覚えがある。
僕のマゾの傾向は子供の時からのもののようだ。
by n_shioya | 2008-10-19 22:07 | コーヒーブレーク | Comments(6)
危機一髪!
今思い出してもぞっとなる。
もしあれが前輪だったら。もし4躯でなかったら。
今日の昼、湾岸道路で突発したパンクでハンドルを取られ、今頃はどこかの集中看護室に意識不明で横たわっており、3年半毎日続けたブログに初めて穴を開けていたかも知れない。

一時半からスタートの学習院の秋講座に、十分時間に余裕を取って僕は家を出た。
湾岸高速の途中でちょっと走りがおかしいのに気づいた。何かタイヤのボルトでも緩んだかのように、足回りが不安定である。
だが、車検整備を済まし、タイヤも新品に履き替えたばかりである。
しかも三車線とも、制限速度をはるかに超えたスピードの車の列が飛んでいく。
が、揺れはますますひどくなる。やっとのことで待避所に避難して点検すると、やはり右の後ろのタイヤが完全につぶれて、ゴムはギザギザだ。

早速24時間対応のメルセデスサポートに携帯でSOSを発信する。
その後の対応は機敏だった。
20分もせずにレッカーが到着し、5分とかからずにタイヤを非常用に交換してくれた。
おかげで講義の時間にぎりぎり間に合った。
念のため申し添えるが、パンクタイヤの交換ぐらい僕でもできないことはない。60年も運転歴があれば、何度かジャッキで持ち上げ、タイヤを入れ替え、十字レンチでボルトを締めあげた経験はある。
しかし今の非常用タイヤは特殊である。また、高速道路での素人の操作は危険を伴う。しかも自分の車だが工具がどこにあるのかも定かでない。結果的には、メルセデスサポート様々だった。

幸い学習院の教室には20名余の熱心な聴講者が待ち構えてくださっていた。
テーマは「見た目のアンチエイジング」。
今僕が最も力を入れているテーマなので、しゃべりたいことは山ほどある。しかも、事故の影響で心拍数が通常の2倍の講師が、興奮冷めやらず喋りまくったことがどの程度ご理解いただけたか、あとで送られてくる受講者のアンケート評価の結果が気になるとことである。
b0084241_959332.jpg

by n_shioya | 2008-10-18 21:55 | アンチエイジング | Comments(12)
青春彷徨
“私ほど雲を愛する人がいたら教えてほしい”
紅葉の山間の池のほとりに寝そべって、青空を眺めながらヘッセの「青春彷徨」の一節を反芻していた。

真綿のような千切れ雲が、キリンになったり、クジラに姿を変えたりしながら青空をゆっくりと遊泳していく。
石川啄木は言った、“雲は天才である”と。

そして僕はシャガールの言葉を思い出す。
“私にとっては、その人が詩人かどうかだけが大切である。詩人とはシェークスピアやゲーテのように「言葉を操る人」に限らないのは言うまでもないが。”
ならば雲も立派な詩人であり、見る人を詩人にしてくれるのではなかろうか。

想念はさらに広がっていく。
昔フィラデルフィアにエーデルマンという心理学者がいた。交換教授で来日し、僕にとっては“心の恩人”であることは以前に書いたが、帰国後、手紙でこう書いてきたことがある。
“この狂った世の中で正気を保つには、『』が必要です。”
僕はそれに、『自然』を加えたい。いや自然も大切な友の一人というべきだろう。
人類とは矛盾に満ちた愚かな集団である。
己が作り出す文明で自己を窒息させ、破滅を呼び込もうとする。
ちょうど人体が抱える、いわゆる自己中毒自己免疫疾患のように。
これを吹き払ってくれるのが香ばしい森林浴であり、爽やかな潮風ではなかろうか。
by n_shioya | 2008-10-17 22:57 | コーヒーブレーク | Comments(2)
あの方に関して
今日発売の某週刊誌で、「あの方」がやり玉に挙げられていた。

あの方」は皆様もよくご存じの、ある東京のキリスト教系病院の理事長である。
御年97歳で、ご著書も多数あり、高齢者の生き方について書かれた御本は超ベストセラーであり、ファンも多く講演の要請は引きも切らない。
ところがいまだに「あの方」が人事、経営を含め病院運営のすべてを握っているため、病院の診療体制に深刻な影響が出ているということである。
あの方」が病院にとって「老害」だとさえ書かれていた。

学生時代、「あの方」のおかげでカナダ生まれの名医で、ジョンスホプキンスの創始者の一人、オスラー博士の存在を知り、その後、医の倫理、看護教育の重要性、人間ドックの導入、生活習慣病の提唱など、戦後日本の臨床医療の先駆者として尊敬してきた僕にとっては、はなはだ衝撃的な記事である。

実は先週、同じ週刊誌が内部告発により、その病院の産婦人科の窮状を報じたのがきっかけになったようである。
だが今回の記事に書かれているような批判はちらほら耳にしないでもなかった。

あの方」はアンチエイジング先駆者でもあり、ご自身そのロールモデルでもあっていただきたい方なので、僕としては今後の成り行きを注意深く見守ることとし、軽々に現時点での結論を出すことは差し控えたい。
by n_shioya | 2008-10-16 22:07 | 医療全般 | Comments(14)
錦秋の八ヶ岳
錦秋の八ヶ岳を愛でるべく中央高速を往復した。
先週五日間の車検を終えた愛車のテストドライブも兼ねて。

幸い昨日までの低気圧も太平洋海上に押しやられ、全国的に秋晴れの紅葉狩り日和だった。
車は電気系統、足回り、デフ、ミッション等、レストアに近いくらい手を入れたおかげで、15万キロの走行距離とは思えぬほど快適な走りである。次の車検までは7,8万キロ走ることになるが、まだ十分持つだろう。
その間代車で乗り回したのは、2シーターのハードトップカブリオレ、SLK200コンプレッサーであった。
久しぶりのオープンエアドライブを楽しみたかったが、先週はほとんど雨天続きで残念であった。

昔初めてカブリオレを手に入れた時は、その気持ちよさにもう屋根のある車は乗るまい、と思ったくらいだった。だが、紫外線恐怖症の配偶者のために、あまりカブリオレのあるべき姿を取らせる機会がなく、30万キロ乗ったところで息子に譲り、僕は4駆のワゴンに切り替えた。
山小屋の往復が多いので、荷物の詰めるワゴンは便利である。また、4駆にスタッドレスを履かせれば、雪山でも怖いもの知らずである。

今回は幸い紅葉のピークで信州の秋景色を堪能できた。
ピークは例年10月10前後の数日なので、狙い通りにいくことは珍しい。
一口に紅葉といっても、いろいろな種類があるのも楽しい。
同じ高さのところでも、まだこれからというのも、もうすっかり裸になったのもある。
また、赤の色も濃淡様々だ。特にきれいなのは、深紅の葉に緑が混在しているタイプである。
b0084241_10292829.jpg

b0084241_10294675.jpg

これから山は急速で冬に突入する。
今度来るときはスタッドレスに履き替えねばならないだろう。
by n_shioya | 2008-10-15 20:30 | コーヒーブレーク | Comments(12)
ビスタの悩み
やっとビスタに慣れたと思ったが甘かった。
つがい勝手が違うだけでなく、設定もいろいろと変わってくる。

今日わかったのは、今のの電話回線でダイアルアップだと、救いがたいほど時間がかかるということである。
メール一つ受けるのに30分かかる。
ブログのページを開くには残り少ない僕の人生では間に合いそうもない。
今日はこれをアップするので精一杯です。

明日は何とかしますのでご勘弁のほどを。
by n_shioya | 2008-10-14 21:16 | コーヒーブレーク | Comments(2)
おめでとう、理絵ちゃん
b0084241_1544433.jpg愛すべき秘書の理絵ちゃんが、結婚を期に退職した。
相手は同僚の嘉啓君である。柔道三段?の好青年だ

今日はその披露宴で、マイクの前に立たされて、僕は次のような祝辞を述べたようである。
ようであるというのは、そのあとシャンパン、赤ワイン、白ワインと立て続けに飲んで、記憶が定かでないからだ。

「おめでとうございます。
よく世の中に完璧なものはないといいますが、理絵ちゃんは完ぺきな秘書でした。

そもそも医者は身勝手な人種です。その中でも形成外科医は最悪とされています。
アメリカでは形成外科医の定義として、俺しか世の中には形成外科医はいないと思うのが形成外科医だといわれるくらいです。
昔僕はボスに、何をやっても怒鳴られた。
彼の口癖は“おれの言ったことでなく、やってほしいことをやれ”でした。

僕も一度はそういうセリフを言ってみたかった。
しかし理絵ちゃんはそのチャンスをくれなかった。反対に、僕が頼む前に、さっと必要なことをしてくれてしまうからです。

3年間本当にご苦労様でした。
きっと良い奥さんになりますよ。しかし、怖いですよ、嘉啓君。君がよからぬことを考えただけで、すぐに察知しますから。
僕の秘書になったのが3年半前。そして彼との付き合いはもう3年半だという。なんじゃない、来てすぐ交際が始まったわけで、なにも知らなかったのはボスだけだったようです。

僕は去年金婚式を迎え、子供、孫、(ひ孫まだでしたが)、総勢20余名で祝ってくれました。
その年の功で一言“はなむけ”の言葉を贈らせていただきます。
あのリンドバーグ夫人が書いた「海からの贈り物」からの借用です。
海辺での休暇に書かれたもので、人の一生の各ステージの在り様を、砂浜で拾った様々な貝殻、Shellになぞらえています。

誰でも子供時代、青年期、そして夫婦生活、子供の養育等々、それぞれの時期に
にふさわしい貝殻というかShellをしょって、住み変えていくというのです、ちょうどヤドカリのように。
これまでは二人ともそれぞれ、家族という温かいShellの中で生きてきました。
ここでお二人にお願いしたいのは、今まで育ててきてくださったご両親に感謝するとともに、今までの貝殻はいったんは脱いで、二人で新しい棲家、つまり自分たちのShellを築いていって欲しいということです。
そしてそのShellが、お二人を守り、またキラキラと周りも照らし、温めるようなものになることを祈って、祝辞といたします。」
by n_shioya | 2008-10-13 21:07 | コーヒーブレーク | Comments(8)
ただ憧れを知る者のみ
またしつっこく高齢者のQOLである。
いま読んでいる「老年学ハンドブック」によると、心理学の中ではベルリン学派とでも呼んでいい一派があるらしい。

その中の一章で彼らが強調しているのは、Sehnsuchtという概念である。
この言葉は通常「憧れ」と訳されており、我々になじみ深いのは、ゲーテのウィウヘルムマイスターでミニオンが歌う「ただ憧れを知る者のみ、Nur wer die Sehnsucht kennt」である。
ドイツ人には特に思い入れの深い言葉のようで、ドイツ語でしかあらわせないニュアンスの言葉の三番目に挙げられている。
このハンドブックは英語本なので、ピッタリではないがとりあえずと断ってLongingという言葉を当てている。
僕には日本語の「憧れ」は十分その意を表わしているように思えるが。
ちなみにドイツ語にしかないとドイツ人が信ずる一番目はGemutlichだったと思う。

そこで老年心理学に戻ると、高齢者の若さを保つ秘訣の一つとして、このSehnsucht,「憧れ」が強調されている。
熱望している反面、絶対手には入らないというあきらめも伴う二重性。これがその本質のようだ。
これまでは若者の特権のように考えられてきた「憧れ」を持ち続けることで、先が見えてきた高齢者が陥りがちな諦念の世界から救い出して、若々しさと生きる原動力を与えてくれるのだということのようである。

この考えにピッタリの詩として、蛇足ながらカールブッセの「山のあなた」の上田敏訳(海潮音)を書き添えることにする。

”山のあなたの空遠く
「幸(さいはひ)」住むと人のいふ。

噫(ああ)、われひとと尋(と)めゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ

山のあなたになほ遠く
「幸(さいはひ)」住むと人のいふ。”


Über den Bergen
                Karl Busse

Über den Bergen weit zu wandern      

Sagen die Leute, wohnt das Glück.      

Ach, und ich ging im Schwarme der andern, 

kam mit verweinten Augen zurück.

Über den Bergen weti weti drüben,

Sagen die Leute, wohnt das Glück.
by n_shioya | 2008-10-12 22:13 | アンチエイジング | Comments(2)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム