ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2018年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ルーブル展
b0084241_20413871.png
展覧会を見逃さないコツは、始まったらすぐ観ること。2、3ヶ月はあるからとタカをくくっていると見逃してしまう。それに最終日近くは、人気な展覧会なら大混雑。そうして今年もプラド、ブリューゲル、プーシキンなど見逃してしまった。というわけで今日は来週月曜が最終日の、ルーブル肖像画展に駆け込んだ。“人は人をどう表現してきたか”という括りで、これまでルーブルに行っても見逃してきた作品の数々に出会うことができた。 
[PR]
by n_shioya | 2018-08-30 20:42 | コーヒーブレーク | Comments(0)
鉄板焼きで研究談義
b0084241_22071345.jpg
今日は西岡久寿樹先生に帝国ホテルで鉄板焼きをご馳走になった。西岡先生は我が国のリューマチ研究の大家だが、かつて僕の形成外科教室に籍を置いたことがある。その後折に触れ、研究面での情報交換は続けてきた。彼は今、「抗体療法」に取り組んでいる。形成外科領域でも取り入れることが可能かどうか、焼肉を頬ばりながら話し合った。
[PR]
by n_shioya | 2018-08-29 22:08 | コーヒーブレーク | Comments(0)
八ヶ岳の天満敦子
b0084241_19071967.jpg
八ヶ岳の僕の山小屋の近くにリヒテルの肝いりで建てられた音楽堂がある。今年で30年。その記念に山ののカラマツを使って作られたチェンバロのお披露目に、天満敦子がチェンバロの伴奏でリサイタルを開いた。紀尾井ホール、箱根のダイアモンドソサイエティそしてホテル・ニューグランドといろいろな場面で聴いてきた天満敦子だが、そのどれにもまして今度の八ヶ岳音楽堂での演奏は素晴らしかった。あたりは森の静寂そのもの。ステージの後ろの大きなガラス窓の彼方には、南アルプスの山並みが続く。いつもながらの歯切れの良い演奏だが、音の響きが様々な色合いに切り替わりながら、心に染み込んでいく。至福の時だった。
[PR]
by n_shioya | 2018-08-26 19:08 | コーヒーブレーク | Comments(0)
結婚とは?
b0084241_20165260.jpg
昨日に引き続き、いささか危なそうな本のご紹介。岩本麻奈さんの「結婚という呪いから逃げられる生き方」である。この御本の出版と同時に結婚されて、今は幸せいっぱいの人生を謳歌されているので、調子のいいこと夥しい。彼女は3年前出版した御本で、“フランス語に不倫はない”という持論を展開されたのでご存知の方も多いでしょう。これもまた挑発的なテーマだった。だが、この結婚論、決して結婚を否定しているわけではない。一口で言えば、結婚はしたければするし、したくなければ無理することはない、というだけのことなので僕も賛成である。その無理の最大要因は「世間体」。とかく我々は世間体を気にしすぎる。結婚は自分達の為のもので、世間様の為ではない。ま、考えてみると日本人の場合、世間体が邪魔するのは結婚だけではないようですな。
[PR]
by n_shioya | 2018-08-25 20:17 | コーヒーブレーク | Comments(0)
不倫
b0084241_19275583.jpeg
中野信子がまた本を出した。その名もずばり「不倫」。配偶者の目を忍んで、ハマっていいる。彼女、癪だが本も喋りもわかりやすい。今超売れっ子なのもわからないではない。彼女によると「不倫の遺伝子」があるそうだ。また、「脳内ホルモン」の働きも大きいようだ。だから「不倫」は無くならいという。また、昨今の異常とも言える「不倫バッシング」にも、遺伝子、ホルモンが関係しているそうだ。「一夫一婦制度」にも鋭いメスが入っている。ま、こちとら、「人畜無害」の境地に入ったので、ひたすら面白く読ませていただいた。 
[PR]
by n_shioya | 2018-08-24 19:28 | コーヒーブレーク | Comments(0)
最後の晩餐
b0084241_19311629.jpg
カツカレー、天丼そしてピザが僕の大好物。毎日食べても飽きない。今日もカツカレーをうまそうに食べていると、同席の女性から聞かれた。“先生は最後の晩餐にカツカレーを所望されます?”う、と一瞬詰まってしまった。改めて考えたことがなかったのである。“僕はね、毎回の食事を一期一会と思い真剣に向き合っているので、毎食が最後の晩餐なのだ”とお答えした。僕は食べるのが好きである。幸い何を食べても美味しい。美味しいを連発するので、配偶者はこの人ほんとに味がわかるのかしら、と疑っている。ま、いいじゃないですか、楽しければ。仮に100寿を全うしても、これから食べられる食事の回数はおよそ15000回に過ぎない。あだおろそかにはできない。だがこの男、死ぬなどあまり考えていないのが本音のところである。」
[PR]
by n_shioya | 2018-08-23 19:32 | 食生活 | Comments(0)
男の人生は競馬レース
b0084241_22051580.jpg
次に取り上げたい「幸いの敵」は「競争」である。現代の子供達は生れ落ちるとから競争社会に投げ込まれる。幼稚園のお受験に始まり、次々に待ち受ける受験競争を勝ち抜いてやっと就職すれば、企業もまた役職に登るほどに数が絞られる「ピラミッド社会」である。そもそも「試験」にはふた種類ある。一つは選抜試験。今ひとつは資格試験。例えば医学部に入いれるのは、一定数に限られているので選抜試験である。これに反し医師の国家試験は、あるレベル以上なら合格する資格試験である。後者なら自分だけの努力で他人は関係ないが、前者は他人と張り合い、蹴落とすことになる。こうして男は生まれついててから定年まで、ほとんどの職業でちょうど競馬馬のように、競争の毎日を過ごす宿命がある。もちろん競争がただ悪いと言ってるのではない。そのために意欲が湧き、実力が発揮される面は否定できない。そして定年となり仕事から離れると、張り合う必要がなくなったことにまずは戸惑を感じるかもしれない。競馬馬からレースを奪ったら、馬は生きてる意味をなくすが、人はそうであっては困る。これは素晴らしいことなのだ。企業の論理から解放され、自分の価値観で生きることができるからだ。そして相手の失点が自分の得点となるゼロサムゲームではなく、相手の幸せが自分の幸せというウインウインの関係も可能になってくる。レーストラックから一歩外へ出れば、周りは花園である。花を愛でるもよし、散策するもよし、現役で疲れた体と心を休めれば、新たな人生のプランがふつふつと沸き起こってくるのではなかろうか。
[PR]
by n_shioya | 2018-08-22 22:05 | コーヒーブレーク | Comments(0)
ストレスと疲れ
b0084241_09354387.jpg
幸せの大敵としてはまずストレスをあげたいところだが、ここではあえて疲れを取り上げたい。ストレスと言うとなんか現代社会では逃れられぬくびきの印象があるが、その結果である疲れの方が対処し易い感があるからである。疲れにはに身体的なものと精神的なものがある。身体的なものは過度でない限り心地よいし、休息で回復する。精神的なものも、知的作業の疲れは同様に休めば取れる。精神的なもので厄介なのは、「心の疲れ」である。昼間の「対人関係」からの疲れなどはその代表的なもの。これはなかなか逃れにくいですね。いまひとつ、僕が退官して気が付いたのは、無駄な会議である。“会して議せず、義して決せず、決して行わず”というわが国の美風による疲れというか、虚しさである。大学をクビになって一番ありがたかったのは、教授会という虚しい労務からの開放だったなどいうと、現役諸君には失礼かな?
[PR]
by n_shioya | 2018-08-22 09:36 | コーヒーブレーク | Comments(0)
セクハラ退治法
b0084241_21080308.jpg
セクハラを受けるのは女性とは限らない。どういうわけか僕はキャバクラが苦手である。そして芸者さんの席も。こういう席で女性に前に座られると、どう受け答えしていいのかお手上げである。周りを見るとどうも皆、一所懸命女性を楽しませようとしている。なんで金を払ってこちらがサービスしなければならないのか不可解である。昔は学会の二次会というと皆バーに繰り出したものである。こういう時の幹事の勧誘はしつっこい。断り続けると最後は“オメェそれでも男か?”と罵倒される。そこで僕は完璧な敵対法を考え出した。この一言で危機から脱出できる。それは“俺は金で買える女には興味はない。”ドッチラケルことは間違いなし。だが、効果は抜群である。お試しあれ。
[PR]
by n_shioya | 2018-08-20 21:09 | 美について | Comments(0)
アメリカで始めた結婚生活
b0084241_22043632.jpg
「アメリカで始めた結婚生活」アメリカで結婚生活を始めたのは、今考えると幸せだったと思う。見知らぬ国で、見知らぬ人の間でそれなりの苦労はあったが、姑というか、いわゆるインロー達に煩わされず、自分たちだけでライフスタイルを確立することができたからだ。見知らぬ人たちといってもそこはアメリカ人。困っているときは、さっと手を差し伸べてくれる、お節介の手前で留め。留学先だった北部ニューヨークの町で、我々は結婚生活をスタートし、帰国までの7年間、とりわけ二組の夫婦には本当にお世話になった。1組は敬虔なカトリックの弁護士夫妻。今1組は鉄鋼会社社長のセレブな夫婦。おかげでアメリカ人社会にすぐに溶け込むことができた。ところで嫁姑の問題にはしばしばマザコンの旦那が関わるようだが、僕の場合はその恐れは全くなかった。前にも書いたかもしれないが、小学5年生のある朝、急にお袋との縁が切れた自分を発見しうろたえた。それまでは本当のお袋っ子で、いつもそばにくっついていた。それが、突然、お袋が光を失って、ただの女になってしまったのである。慌てて一つ年上の姉に話すと、“それでいいのよ信幸ちゃん。一人前の男の子になったのだから。”と言われ、救われたのを思い出す。そして長じて親の意に反し、勝手に結婚したのだから、日本で一緒になったら、一悶着あったかもしれないが。
[PR]
by n_shioya | 2018-08-11 22:05 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム