人気ブログランキング |
ウーマンエキサイト ガルボ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ガルボウーマンエキサイト
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長が、『アンチエイジングな日々』を
軽快な筆致でつづります。 どうぞお気軽にコメントをお寄せください。
<   2019年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
コーヒーでアンチエイジング
b0084241_19585842.jpeg
全国のコーヒー党には素晴らしい朗報。これまで長いことコーヒーは体に良くないとされていたが、最近はコーヒーのプラス面も散見するようになった。ここに来て、コーヒーのメリット満載の本が現れた。題して「人生を変えるコーヒーの飲み方」。著者はれっきとしたアメリカの医師である。どうも決定打は2012年にアメリカの国立衛生研究所の「コーヒーを飲んでいた高齢者は飲んでいない高齢者に比べ死亡リスクが低い」という報告と、それに基づいて行われた包括的な研究結果がそれを裏付ける結果が、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載されたことのようである。その結果とは“コーヒーの消費が顕著な人々においては、あらゆる原因による死亡リスクが女性で15%、男性で10%低下していることが判明した”という。その働きはコーヒーに含まれるカフェインとポリフェノールに依るそうだ。痩せる!ボケない!メンタルが強くなる!といいことずくめである。ただ一口にコーヒーといっても、豆やローストの仕方そいてもちろん入れ方でも効果に大差が生ずるという。詳しくは直接お読みください。
by n_shioya | 2019-01-31 19:59 | アンチエイジング | Comments(0)
老いはこうしてつくられる
b0084241_22472713.jpg
“老化は止むを得ない自然現象であるが、老人は社会が作り出す面もある。”正高信男の「老いはこうしてつくられる」を再読して、改めてこう考えさせられた。著者は京大霊長類研究所教授で、動物行動学の視点で人間という動物の老いという現象を分析している。老人像に関しては本人の自覚的なものと、社会通念の思い込みとのギャップがあるという。例えば世の中にはなんとなく“我々は歳をとるにつれて感情が乏しくなる”という考えが流布している。だが著者らの研究では老人でも心の働きは衰えていない。ただ、加齢による顔貌の変化、特に表情による表出が若い時ほど鮮明でなくなるだけだという。歳をとったら必要以上に「若者ぶる」ことはないが、社会の思い込みに合わせて、必要以上に「年寄りぶる」こともない。僕がアンチエイジングの要諦と考えている「老いとの賢い付き合い方」とはこういうことかもしれない。
by n_shioya | 2019-01-30 22:47 | アンチエイジング | Comments(0)
ビタミンCの点滴を受ける
b0084241_21343482.jpg
先日ビタミンCの点滴を受けた。ノーベル賞をダブル受賞したライナス・ポーリング博士がビタミンCの大量療法を提唱して以来、「風邪」にはビタミンCが効くという考えが広まってきた。ビタミンCにはそのほか、「コラーゲンの生成」に不可欠であり、また最近では抗加齢の分野では「抗酸化」のチャンピオンとして人気を呼んでいる。というわけで、薬嫌いの僕でも、去年の暮れから隔週にビタミンCの点滴療法を受けている。これまで僕は年に一度は風邪を引くのが恒例だったが、もし今年、風邪を引かずに逃げ切れれば、遅ればせながら「ビタミンCの大量療法」の片棒を担ぐつもりである。
by n_shioya | 2019-01-28 21:35 | アンチエイジング | Comments(0)
美スローエイジング協会の例会
b0084241_21325480.jpg
今日は美スローエイジング協会の例会。日比谷パレスに50人余が参集して、伊藤裕教授の「幸福寿命」のお話に聞き入った。いつもながらユーモアたっぷりで中身の濃いお話、ただただ感服。塩谷塾で一年かけてカバーする内容を一時間でしかもわかりやすくお話しくださり、全員大満足。これから塩谷塾で一年かけて、反芻していきましょう。
by n_shioya | 2019-01-27 21:33 | アンチエイジング | Comments(0)
貴女の夢は叶いましたか?
b0084241_21375276.jpg
僕が塾長を務める「アンチエイジング塩谷塾」では、毎回、その時のテーマにふさわしい問題を選んで、4人ずつのグループディスカッションを試みる。ただ講義を聞くだけでなく、このディスカッションで議論も深まり、参加者同士の親密度も増す。そして後半お互いに親しくなった頃、必ず取り上げるテーマが「貴女の夢は叶いましたか?」である。その理由は?僕には姉と妹が居たが、それぞれが学校の友達を家に連れてきて、我が家はいつも女の子で賑わっていた。宝塚やスポーツ選手の追っかけ、教師の悪口など、たわいない話題でいつも賑わっていたが、皆、夢に満ち溢れていた。僕の姉妹も含め、あの夢はどうなったのだろうというのが、此の期に及んでの僕の素朴な疑問である。男の場合、良くも悪くも夢の実現は自己責任である。だが、日本社会はまだ圧倒的に男社会。機会均等法で変わったと言っても、まだまだ女性の自己実現はハードルが高い。しかも結婚すれば、その後の生活は配偶者次第。塾生の多くは4〜50代の女性である。やっと子育てから解放されたか、自分の城を苦労して築かれた方が多い。塾でのこのディスカッションがその夢実現にいささかでもお役に立てばと願っている。
by n_shioya | 2019-01-26 21:38 | アンチエイジング | Comments(0)
脂肪幹細胞の驚き
b0084241_20380789.jpg
幹細胞治療というとなんか胡散臭さを伴うが、“ここの脂肪幹細胞は本物ですよ”と市橋神戸大学名誉教授は太鼓判を押される。一月前に左大腿骨骨頭置換術を受けたばかりと思えない身軽さで、アーツ・ギンザ・クリニックを闊歩されながら、熱っぽく語られる。本人の皮下脂肪を腹部から採取し、3週間脂肪幹細胞を培養し、その増殖した幹細胞液を注射すると、様々な疾患に著効が認められるという。とりあえず現在は次の三疾患に重点的の治験を行なっておられる。① 脳血管障害:静脈注射② 脊髄損傷:静脈注射③ 変形性ひざ関節症:局部注射治療費はまだ保険が効かないので、150万円といささか高めであるが、その効果を考えれば決して手の届かない価格ではないと言われる。面白いのは注射直後から患部に改善が見られることだ。これは細胞自身の働きというより、培養液に染み出しているサイトカインの作用だろうか。
by n_shioya | 2019-01-25 20:38 | 再生医療 | Comments(0)
ギャラリーゴトウにて
b0084241_22011950.jpg
今日は久々にギャラリーゴトウへ。「平井眞理〜花と女〜」展を楽しむ。目にした途端、あ、これはルドンの世界では、と感じた。もちろん画風は異なる。ルドンの幻想趣味より乙女チィックな。でも心象は全く同質。ちょっと違った画風の2枚が目を引いたが、これからの方向性を暗示して魅力的だった。ちょうど作家の平井さんとエレナロマの三井エレナさんもお見えになっていた。
by n_shioya | 2019-01-24 22:01 | 美について | Comments(0)
竹内栖鳳展を観て
b0084241_19412326.jpg
今日は熱海まで足を伸ばし、モア美術館で竹内栖鳳展を観てきた。栖鳳には昔から馴染みを感じていたが、じっくり作品を鑑賞するのは初めてである。なかなかいいですな。素晴らしい写実力といい、対象特にスズメや猫に対する愛情といい。改めて日本画とはなんだろうと考えさせられた。画材と様式によって定義さるべきものだろうか・・・今や西洋絵画はなんでもありだ。もし人が、既成の絵画を見ることなく、スケッチなり絵の具をぬた来ればどんな絵画が生まれるのだろう。やはり洋画のどれかに当てはまるような結果を生むのだろうか?モア美術館の魅力はその展望とレストランを箱根のオーベルジュ・オーミラドーの勝俣さんが運営していることである。ランチはスペシアルメニューのステーキ。これも素晴らしい味だった。栖鳳に親近感を持ってるのは、学生時代の友人の一人に栖鳳の孫がいたからである。同志社の学生で、卒業後はJALに入ったと聞いている。当時のCA仲間の話では、とてもいい上司だったという。今はどうしているか・・・
by n_shioya | 2019-01-22 19:42 | 美について | Comments(0)
抗加齢医学会のメディアセミナー
b0084241_22315663.jpg
今日は抗加齢医学会のメディアセミナー。学会の分科会の説明会である。僕は「見た目のアンチエイジング研究会」について、代表世話人として話させていただいた。今日発表のあった他の分科会は「眼科」「産婦人科」「歯科」である。メディアが対象なので、一般医師にとっても、別の科の情報がわかりやすく伝わる有意義な会で会った。
by n_shioya | 2019-01-21 22:32 | アンチエイジング | Comments(0)
ミラーニューロンの素晴らしい働き
b0084241_20544543.jpg
「ミラーニューロンの素晴らしい働き」人にスマイルを持って接すると相手もスマイルを返してくれる。そのスマイルを見るとこちらもさらに楽しくなって笑顔を返す。誰でもこんな経験はあるでしょう。スマイルの増幅作用というか、プラスのスパイラルというか。理由がなんであれ、これが我々の社会生活を豊かにしてくれます。そのメカニズムが最近の認知生理学で解明されました。それはミラーニューロンの存在です。他人のある行動を見ると、その時に働く他人の脳の活動と同じ部位で、自分の脳も活性化するというのです。つまりAのスマイルを見たBも反射的にスマイルし、さらにそのBスマイルを見たでも更にスマイルが増強されるというわけです。そしてスマイルする時は脳の中枢報酬系という部位でドーパミンが放出され、人は幸せを感じます。人の幸せを願うだけで自分も幸せになる時には、このミラーニューロンが働いているのではないでしょうか。
by n_shioya | 2019-01-20 20:55 | コーヒーブレーク | Comments(0)




woman.excite TOPへ Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム